「本気の育毛日記」継続中!

【貴重】ベンチプレスMAX120kgになるまでの筋トレ回数を数えてみた結果

こんにちは、hiroです。

僕は、1年2ヵ月でベンチプレスのMAXを75kgから120kgまで上げることができました。

そこで今回は、「MAX120kgになるまでに、何回ベンチプレスをやったのか」をご紹介します。

 

石井直方の筋肉まるわかり大事典

 

筋トレの回数

結論からいうと、1年2ヵ月で、ウォーミングアップを含めてトータル1万2448回バーベルを持ち挙げていた。

詳しくは、下記の表をご参照願いたい。

 

(※w-up=ウォーミングアップで挙げた回数のこと)

 

僕は、トレーニング中、何回できたかを常にメモしていた。

そのデータを元に数値化してみたのである。

 

1ヵ月に何回やったか

 

まず一ヶ月にどれだけの頻度でベンチプレスをやったかを見てみる。

一番少なくて月9回、多くて月17回行っていることがわかる。

 

つまり、最低でも週2回、多いときは、2日に1回はベンチプレスをやっているということ。

1年単位で計算すると、なんと1年の半分はベンチプレスを行っていたことになる。

 

この1年2ヵ月は、なんとかMAX120kg挙げたくて、死にものぐるいでトレーニングしていた。

いかにベンチ漬けの日々だったかというのがこの表でよくわかる。

 

どれだけ回数をこなしたか

 

次に、メイントレーニング中、ベンチプレスを挙げた回数を計算してみた。

表を見ると、最初のころは200、300ほどの回数だが、後半は800、1000回バーベルを挙げたことがわかる。

 

たしかに後半は、MAXがたくさん更新された。

つまり、トレーニング量がMAX更新のためには重要なひとつのコツということがわかる。

 

10月は1076回とかなりボリュームがある。

実際のトレーニングメニューはこんな感じ。

 

(※ある日のトレーニングメニュー)

 

自分の中でこのトレーニング量がもっとも成長しやすい量であるという結果が判明した。

 

筋トレまるわかり大事典

ウォーミングアップ数

 

ウォーミングアップの回数も計算した。

すると、トータルで4850回バーベルを挙げていた。

 

単純に考えて、10回1セットとすると、485セット行ったということになる。

ウォーミングアップもあなどれない。

 

ただ単純に、体を温めるだけに行うのはもったいないことがわかる。

僕は、体を温めるだけでなく、フォームの確認を行うように意識していた。

そのおかげで、ブリッジなどのベンチ特有のフォームを安定させることができたと思う。

 

さらに、僕のウォーミングアップは、高重量も扱う。

つまり、ウォーミングアップ自体が筋トレになるのである。

 

僕がMAX120kgをたった1年2ヵ月で達成できたのは、メイントレーニングだけではなく、ウォーミングアップも大きく関わっていると感じた。

 

トータルは1万回超え

 

メイントレーニングとウォーミングアップのバーベルを持ち上げた回数を計算すると、1年2ヵ月で、1万2448回となった。

ここまでくると、多いのか少ないのかピンとこない。

けれども、2日に1回ベンチプレスを行っていることから、かなりボリュームとしては大きいと思う。

 

一般的によくいわれる10回×3セットを行うだけでは、この数字にたどり着けない。

回数をたくさんこなし、胸の筋肉を使うことが、短期間でMAXを更新するひとつのコツだろう。

 

注意点

もちろん、今回は、回数だけを見ている。

筋トレでは回数の他に、重量設定が大切である。

 

どのくらいの重りをどのくらいの回数で挙げるのか。

これは非常にデリケートな問題である。

 

もちろん回数をこなすのも大切だが、筋トレにおいて最も重要なのは、適切な負荷でトレーニングを行うことである。

詳しくは僕が書いた他の記事を参考にしていただきたい。

 

【本邦初公開】たった1年2ヵ月でベンチプレスのMAX重量が75㎏から120㎏になったオリジナルトレーニングを紹介します。

 

【ベンチプレス】筋トレに必ず必要な「MAX重量換算表」

 

まとめ

 

僕の場合だが、メイントレーニングは月に800~1000回行うと、MAXが飛躍的に伸びた。

ウォームアップを含めると、軽く月に1000回は超える。

 

停滞期なく伸ばして行くには、月に1000回以上というのが、ひとつの目安となるのではなかろうか。

あくまで僕の場合だけども。

 

ベンチプレスをやり込んでよくわかったのが、「意外と追い込められていない」ということ。

つまり、一般的に言われる10回×3セットのようなトレーニングでは、物足りないのである。

 

もちろん初心者は、少ないトレーニング量で始めるべきであるが。

人間、案外たくさん数をこなすことができる、と思う次第。

 

石井直方の筋肉まるわかり大事典

 

筋トレまるわかり大事典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です