「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

あなたはどちらを選ぶ?2種類の筋肥大を知ろう。

こんにちは、hiroです。

僕は1年2か月でベンチプレスのMAX重量を75㎏から120㎏に上げました。

 

筋肥大には2種類あることをご存じでしょうか。

今回は、元トレーナーの僕が、「筋肥大」についてお話します。

 

※この記事の最後をご覧ください。

  • 「僕が最短でベンチプレスのMAXを120㎏にできたオリジナルトレーニング」を無料で公開しています。ベンチプレス以外の筋トレにも応用できる有料級の記事です。見る価値ありですよ。

 

筋肥大の種類

筋肥大には、2種類あります。

収縮性筋肥大

(イラスト:濃い赤丸の筋繊維が太くなることで、筋肉全体が太くなる)

 

「筋繊維が太くなること」でおこる筋肥大のこと。

筋繊維は、大きな力を出すための源です。

したがって、収縮性筋肥大が起きることは、大きな力を出す能力が増すということになります。

 

筋形質性の筋肥大

(イラスト:筋繊維の周りの体液が増えることで筋肉全体が太くなる)

 

「筋繊維の周りにある体液が増えること」で起こる筋肥大のこと。

特徴は、筋肉は太くなるけれど、同時に力が増すわけではないということです。

どっちの筋肥大が良いの?

 

目的によります。

ボディビルダーであれば、筋肉を大きくすることが主目的です。

なので、筋形質性の筋肥大が起こるようなトレーニングを行います。

 

パワーリフターであれば、より重たい重量を持ち上げることが主目的です。

なので、収縮性の筋肥大を起こし、力を出す源である1本の筋繊維を太くすることが必要です。

 

どちらが良い、悪いではなく、目的によって、筋肥大の種類を選ぶということになります。

 

もちろん、2種類の筋肥大は、トレーニング方法も違ってきます。

自分自身が求める筋肥大を明確にして、トレーニング計画を組むと効率的といえるでしょう。

筋肥大のためにプロテインを飲もう

(写真:ベンチプレスで120㎏挙げたときの僕の大胸筋)

 

筋肉に必要な栄養素であるたんぱく質は、普段の食事では不足しがちです。

この状態で筋トレしても、効果は小さくなります。

 

そこで、効率よく筋肉をつけるために、プロテインを飲むことをおすすめします。

筋トレで結果を出しているほとんどの人は、飲んでいますよね。

僕もベンチプレスで120㎏挙げたときは、積極的に飲んでいました。

 

僕がおすすめするプロテインの選び方を紹介します。

ベンチプレスMAX120㎏の僕がプロテインを選ぶ基準

  • 純国産
  • アミノ酸スコアが高い
  • BCAA含有量が多いホエイプロテイン
  • 話題のHMB配合
  • おいしい
  • 良心的な価格

この条件を満たす下記のプロテインが超おすすめです。

ぜひ試してみてください。


【HMBプロテイン18000】

 

プロテインはたくさん種類があるので、色々と試してみて自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

少しでも早く結果を出したいあなたは、ぜひプロテインを筋トレのお供にしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

石井直方の筋肉まるわかり大事典

 

完全無料公開!かなり有益です。

【有料級】たった1年2ヵ月でベンチプレスのMAXが75kgから120kgになったオリジナルトレーニングを無料で紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です