「本気の育毛日記」継続中!(2019/7/12更新)

【躁うつ病の特徴】軽躁状態の時に起こった散財のヤバい悲劇。

こんにちは、hiroです。

僕は現在、躁うつ病の治療中です。

今回は、「躁うつ病がひどかったときに起こった悲劇」をシェアします。

 

爆買いの嵐

僕は最初、うつ病と診断された。

ストレスを溜めてはいけない。

むしろ、ストレス解消したい!

そんな思いで始めた、買い物。

最初は、勉強するために、パソコンデスクを買った。

3万円という高価なデスクを、躊躇なく買った。

躊躇なく。

 

それ以降に買った数々の製品。

本の大量買いや、電化製品。

パソコンソフトや、衣服。

これでもかと言うほど、買い物に没頭した。

 

軽躁状態のときに買ってよかったもの8選+α【ガジェット編】 軽躁状態のときに買ってよかったもの16選【健康編】 軽躁状態のときに買って良かったもの3選+α【寝具編】

 

おかげでストレスは解消できたはず。

しかし、悪夢はここからだった。

歯止めがきかない!

ストレスをある程度、解消できた。

そのはずなのに・・・。

いつまでたっても爆買いが続く・・・。

たいして欲しくない製品も買ってしまう。

そして、いらなくなったら捨てる。

その繰り返しが、延々と続いた。

 

そしてついに、生活を脅かす。

貯金の底が見え始めました。

これは、まずい!

そう思い、爆買いを止めようと決意。

しかし、止まらなかった。

むしろ、さらに散財する始末。

 

そして、いつからか。

どうにでもなれ…

人生詰んだと感じた。

躁うつ病の特徴

僕は、最初うつ病と診断された。

しかし約1年後、躁うつ病と診断名が変わった。

別名、双極性障害。

なぜ、診断名が変わったか。

それは、診察の時、ドクターに伝えたことがきっかけ。

元気な時と、そうでない時の差が激しいです

これを聞いたドクター。

ん?

ドクター

疑問顔になった。

そして、ドクターは僕に衝撃の一言を放った。

もしかして、散財とかしてる?

ドクター

ドキッ!

僕は内心、焦った。

爆買いは愚かな行為と思っていたから。

誰にもいえなかったから。

 

ドクターは、僕の散財を見抜いた。

どうやら散財するという行為。

これは、躁うつ病の特徴のひとつらしい。

散財を認める

なるほど、合点。

パズルのピースがハマった瞬間だった。

散財することは、けして後ろめたいことではない。

僕は少しホッとした。

無謀な賭け

お金が次々と財布から出ていくのは、事実。

いつかは歯止めをかけなければならない。

そう思い、あえて自分を追い込むことにした。

つまり、貯金が底をつくギリギリまで買い物をしよう。

そうすることで、お金がないので、散財しなくなるだろう。

 

最後の晩餐のごとく。

欲しいものを買いまくった。

貯金の底がはっきり見えた。

よし、これで強制的に散財を防げるだろう

しかし、甘かった。

散財という中毒

お金がなくなっても、散財は続いた。

物を売ってお金を工面したのだ。

さらに、傷病手当金。

入金されたら、生活費に回さず、物を買った。

 

もはや、中毒である。

しかしこれは、あくまで躁うつ病の特徴。

躁うつ病を治さないことには、散財もなくならない。

躁鬱症状が薄れてきた

最近になって、躁鬱の症状がなくなってきた。

これは本当に、喜ばしいこと。

待ち望んだことである。

 

確かに症状が緩和したら、散財することが減った。

まだ少額であるが、散財は続いているが・・・。

確実に爆買いの機会が減っているので、良しとしよう。

 

今度は、仕事で稼いだお金で買いたい。

そう思いながら、今日も製品を物色している。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

新版 双極性障害のことがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です