「本気の育毛日記」継続中!

【レビュー】オシャレなインテリアに欠かせない間接照明。

こんにちは、hiroです。

今回は、僕が愛用している間接照明について書いていきます。

 

ボーベル(BeauBelle) フロアライト 3灯 レダフロア ホワイト・ナチュラル スタンドライト 間接照明 BBF-022 WN

 

自分の部屋が間接照明に照らされたことで、雰囲気が良くなり、リラックスできるようになりました。

 

落ち着いた雰囲気

 

僕が購入したのは、3つの電球がついた照明です。

照らす角度を調節でき、自分の好きなように照らすことができます。

 

見た目もおしゃれで、部屋のインテリアとして大人な雰囲気を醸し出してくれます。

 

暖色系でさらに落ち着ける

 

電球は、付属品は白熱電球でした。

この電球を使うと、電球自体が熱くなり、その周囲に熱が帯びます。

 

なので僕は、LED電球に変えました。

色は暖色系なので、落ち着いた雰囲気になりました。

 

電気のスイッチは3つの電球にそれぞれついています。

なので、明るすぎの時は、1つ消したりもできるのです。

 

足でスイッチオン!

 

足で踏む、フットスイッチもついているため、足で踏むだけで簡単に電源ON・OFFができるのはありがたいです。

僕が、間接照明を買おうと思ったのは、部屋の雰囲気を落ち着いた空間にしたかったからです。

今までは部屋に着いている照明を使っていましたが、明るすぎて、落ち着きがありませんでした。

年を重ねるごとに、部屋でリラックスする大切さを感じてきたので、間接照明を導入してみようと思いました。

 

僕が間接照明にした理由

 

ネットで調べてみると、いろんな間接照明があります。

僕がこの照明を選んだのは、間接照明の明るさだけで、十分部屋の明るさをまかなえること。

部屋のインテリアになること。

明るすぎる場合は、電球を少なくして対応できることが主な理由です。

 

特にインテリアにはこだわりがあったので、できるだけ良い雰囲気になるような照明を選びたかったのです。

 

この照明を買って正解

 

暖色で部屋の雰囲気が良くなり、夜のくつろぎの時間をリラックスして過ごすことができるようになりました。

明るさを見ても、十分読書ができる明るさなので、趣味が読書の僕にとっては、重宝しています。

今はひとり暮らしで、部屋もひとつしかありませんが、一部屋に一台、おしゃれな間接照明を置きたいと思いました。

ぜひ、あなたも間接照明で部屋を彩り、大人な雰囲気を醸し出した、リラックスした空間を楽しんでみませんか?

 

ボーベル(BeauBelle) フロアライト 3灯 レダフロア ホワイト・ナチュラル スタンドライト 間接照明 BBF-022 WN

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です