うつ病の僕がストレスを発散・解消するためにやった方法5選

こんにちは、hiroです。

今回は、うつ病で苦しんでいるころに行っていたストレス解消方法を5つご紹介します。

1.アロマ


部屋の中で過ごす毎日だったので、気が滅入ってしまいました。

そこで、部屋に香りを取り入れてみようと思い、アロマを試してみました。

僕が使ったのは、水を使わないアロマディフューザーです。

水の入れ替えが面倒だったので、ストレスなく香りを楽しむことができます。

ラベンダーの香りを試してみたら、少しだけ心が落ち着いたような・・・。

アロマの香りを楽しむことで、精神的なストレスを和らげてくれるのかなと思います。

良い匂いが充満した部屋は居心地が良かったです。

2.運動


部屋にいるのが嫌になったので、気分転換に外へウォーキングをしに行きました。

歩くのは医者からも進められていたので、病気療養の意味でもありました。

外の空気を吸うことで新鮮な気持ちになります。

そして有酸素運動のおかげで頭が一時的にスッキリした感じになりました。

ただ、運動をやめてしまうと、精神的ストレスをまた感じやすくなった気がします。

なので、運動することを続けるのが大事ということだと思います。

ウォーキングは天候に左右されます。

なので今は,家でもできる有酸素運動として,エアロバイクを行っています。

3.音楽


気分転換の王道です。

自分の好きな音楽だけではなく、クラッシックやヒーリングを聴いてみました。

ヒーリングは夜寝るときに聴くと、寝付きが良くなるかもしれません。

やさしい音色が、睡眠を助けてくれるということだと思います。

昼間は、ダルい頭を冷ますために爆音でテンション高めの曲を聴いたりもしました。

いろんな音楽をYouTubeで検索してみると、自分の知らない曲が山ほど出てくるので、飽きなかったです。

4.工作


僕が試したのは、パズルと絵画。

どちらも根気がいりますが、一度集中すると没頭できるのがよいところ。

パズルは熱中しすぎて、頭が熱くなっていくのがわかりました。

しっかり頭が使えている証拠ということです。絵画も、最初は下手くそで逆にストレスが溜まることがありました。

しかし、続けていくとやはり人間うまくなっていくもの。

書き続けていたおかげで、かなり絵が上達しました。

うまくなってくるとさらに夢中になれるので、頭を真っ白にすることができます。

できあがった絵をインスタグラムにアップすることで、いいね!やコメントをもらうことができ、自分が肯定された感じがしました。

家にいながらも世界中とつながれるのが、SNSの良いところですね。

絵は描けば書くほど上達するものだと思います。

食わず嫌いにならずに、一度挑戦してみても良いと思いますよ。

5.掃除


部屋の掃除をすると、気分が晴れやかになります。

さらに掃除をしている最中は、集中できますし、体を動かすので、頭の中のモヤモヤを一時的に追い払ってくれます。

掃除が終わったら、ご褒美としてコーヒーを飲んで、お菓子を食べることに小さな幸せを感じました。

この小さな幸せの積み重ねが、うつを軽減し、症状を抑えてくれるものなのではないかと思います。

まとめ


以上、僕が実践して効果を感じることができたストレス解消方法を紹介しました。

もちろん個人差はありますし、効果は永続するものではありません。

しかし、一時的にでも、症状が軽くなることは、慢性的にうつ病に苦しんでいる人にとっては、非常に大きなことだと思います。

まだ僕自身は、うつ病は完治していません。

引き続き、上記のストレス解消法を実践して、完全にうつ病から解放されたいです。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告