「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

【ネタバレ感想】ジウⅡ(誉田哲也:作)ついに明らかとなるジウの正体

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説「ジウⅡ」を読んだ感想です。

 

新装版-ジウII-警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫 ほ 17-15)

 

前作「ジウⅠ」において明かされなかったジウの正体が明らかになりました。

それとともに泥沼化していく事件。

片時も目が離せませんでした。

 

「ジウⅡ」の簡単なあらすじ

連続児童誘拐事件の犯人であるジウを追う東たち刑事。

徐々に事件の全容が明らかになっていくさなか、さらなる事件が勃発する。

無情にも多くの人たちが巻き込まれ、警視庁も対応に追われ続ける。

はたして、事件は解決するのか。

そして、ジウを捕らえることはできるのか。

ついに対峙、基子とジウ

SATに在籍していた最強の女、伊崎基子。

ついに、ジウと対峙します。

敵なしの基子がジウと闘う場面は激アツでした。

基子視点で戦いが描かれていますが、ジウの身のこなしが異常なことがよく伝わってきました。

 

結果として基子はジウに敗北。

さすがの基子でもジウには及ぼないかとやや落胆しましたが、その後捕らわれの身となった基子が完全不利にもかかわらず、敵を3人も倒してしまったところには驚きました。

これはリベンジマッチが楽しみですね。

門倉美咲と東弘樹

物語とは直接関係なさそうですが、門倉と東の恋の行方がちょっと気になります。

完全に門倉は東に恋をしていますが、東は全く気付いていません。

それに加えて、東はバツイチで年も10歳以上離れていることもあり、門倉は積極的になれずにいます。

恋は実るのか、単なる憧れで終わるのか、今後に期待したいですね。

大きくなっていく事件

今作では、徐々にジウの存在が明らかになり、さらなる黒幕の存在も見えてきました。

全容が明らかになっていくにつれ、事件の規模も大きくなっていきます。

次回作で、とんでもない事件が起きるようなので早速読んでみます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

新装版-ジウII-警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫 ほ 17-15)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です