「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

【ネタバレ感想】ジウⅠ(誉田哲也:作)は緊迫感がヤバすぎる

こんにちは、hiroです。

今回は、小説「ジウⅠ 警視庁特殊犯捜査係【SIT】」を読んだ感想です。

 

新装版 ジウI 警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

 

警察小説ならではの緊迫感を存分に味わえた小説でした。

 

「ジウⅠ」の簡単なあらすじ

都内の住宅地で人質籠城事件が発生した。

SITのメンバーである門倉美咲と伊崎基子は仲間らと現場に急行し、人質救出と犯人確保を試みる。

しかし、この事件は序章に過ぎなかった。

より深く、より大きい陰謀がうずめく事件が彼女らに降りかかる。

緊迫の現場

物語全体で緊迫した場面は、大きく2つありました。

その2つに共通するのは、人質がいること。

人質がいるなかでどう事件を解決していくか、緊張の連続でドキドキハラハラが止まりませんでした。

読みながら自分の心臓がドキドキと高鳴っているのがよくわかるほどでした。

 

次から次へと問題が起こるスピード感に捜査員たちがどう動くのかも見ものです。

特に、伊崎基子の活躍は目覚ましいものでした。

一瞬の隙も見逃さず、敵を蹂躙するその姿は、まさに基子無双。

今作はシリーズものなので、今後の伊崎基子のアクションシーンに大いに期待が持てますよ。

ジウの実態

この物語の最重要人物である「ジウ」という男。

今作では、存在全てが明らかになることはありませんでした。

ですが、何かヤバそうという雰囲気はヒシヒシと伝わってきます。

今後、ジウがどのように行動していくのか。

そして、伊崎基子と対峙したときどうなるのか。

楽しみですね。

作品まとめ

地道な捜査が続く場面が多く、展開がゆっくりな印象でした。

けれど、いざ緊迫した現場になると、そのスピード感に圧倒され、次の展開がどうなるのかとハラハラドキドキしっぱなしでした。

 

ラスト1行で、次回作への期待が一気に膨らむこの作品。

ぜひ、読んでみてはいかがですか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

新装版 ジウI 警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です