「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

「仕事が速いのにミスしない人は何をしているのか?」で学んだ重要な1つの法則

  • 仕事でミスをしたくない!
  • でも、なるべく早く処理したい!

そんな人は、「仕事が早いのにミスしない人は何をしているのか?」を読んでみてください。

 

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

 

この本を読むと何がわかる?
なぜミスが起こるのかという原理がわかる。

 

仕事が早いのにミスをしない人は何をしているのか?

仕事が早く済むと、余った時間を有効に活用することができます。

しかし、いくら仕事が早くてもミスをしては、周りの信頼がなくなりますよね。

だからこそ、「仕事が早い・ミスがない」の2拍子揃った力を身につけるべきです。

 

でも、それがなかなか難しい。

どうしても早く仕事を処理しようとすると、小さなミスを見逃してしまいがち。

そうならないためには、はたしてどうしたらいいのか。

 

ハインリッヒの法則

ミスに関する法則で、ぜひ知っておきたい法則があります。

それが、「ハインリッヒの法則」

ハインリッヒの法則とは

何か1つの大きな事故が起こったら、その陰には同じ原因による小さな事故が29あり、さらにそれらの陰には、事故にならなかったまでも「ひやり」としたことが300あったはずだ。(1:29:300)

(著書より引用)

つまり、大きな事故の背景には、細かな事故(ミス)が気づかないうちに何十個、何百個と起こっているということです。

 

大きなミスを防ぐには

大きなミスは、無意識に起こしている小さなミスの積み重ねで起こります。

ということは、小さなミスに気づき、すぐさま修正することで、後々来る大きなミスを防ぐことが可能ということですね。

 

では、どうしたら、無意識に起こしている小さなミスを防ぎ、修正することができるのだろうか。

本書では、その心構えとして以下のように説明しています。

  • 凡ミスや小さなミスへの感度を上げること。

 

気づかないミスを気づくようになるには、気づけるように意識することが大事。

最初は、難しいかもしれません。

けれど、意識というのは不思議なもので、意識すればするほど、見えなかったものが見えてきます。

これは、僕自身、刃物職人の経験からも言えます。

技術習得の最中は、常に刃物に意識を向けています。

それをずっと繰り返すことで、技術のコツを見つけることができ、習得に近づいていきます。

 

仕事でミスを防ぐには、ミスセンサーの感度を高め、事前に小さなミスを潰していくことが大切ということですね。

社会人として成功したい人は、ぜひ一度読んでみることをおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です