「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

自分で磨いた石が「パワーストーン」になった話

こんにちは、hiroです。

僕は、2017年9月に「うつ病」になりました。

そして、その1年後、「躁うつ病」に変わりました。

※うつ病と躁うつ病の違いはこちらをご覧ください。

今回は、病気になりながらも「なんとか復活したい」という思いを込めた「石」のお話です。

自分だけのパワーストーン

 

「自分はダメ人間だ」

「どうしてこうなったんだろう…」

 

うつ病のころ、自分では歯止めが効かないほど、ネガティブ思考になっていました。

 

「これではいけない」

 

そう思い、考えるのを忘れるほど没頭できる「何か」がないかと考えました。

 

そこで見つけた作業が、「石磨き」。

河原で拾ってきた石を、ただひたすら磨く。

最終的には、つるつるで肌触りの良い意志に仕上げることにしました。

 

そして完成したのがこちらの石たち。

 

 

ひとつの石を磨くのに、2時間以上かかりました。

磨いている間、ネガティブ思考もどこかへ飛んでいき、無心になることができました。

 

完成したら、ものすごい達成感を味わうことができました。

つるつるになった石を触ると、まるで心もつるつるになった感じ。

長時間の作業は疲れましたが、久しぶりに「心地いい疲労感」で満たされた気分になりました。

 

磨いた石に、顔まで書いてしまう愛着ぶり。

部屋に飾って毎日眺めると、不思議と心が落ち着きます。

 

 

つい先日、久しぶりに石たちをじっくり触ってみました。

すると、不思議な感覚を得たのです。

 

石なので、触った瞬間にひんやりします。

それと同時に、石から自分の手を通じてパワーがすーっと流れる感じがしたのです。

なんだか信じがたいですが、僕はそう感じました。

 

当時、病気になりながらも、「なんとかしたい」、「幸せになりたい」と強く思っていました。

そのときの意思が、石に伝わったのかもしれません。

 

「魂を込める」とは、まさにこのこと。

石に僕の「生きたい」という活力が宿ったのかもしれませんね。

 

なんだかオカルト的な話になってしまいました。

けして「パワーストーンで力はもらえるよ」ということを言いたいのではありません。

 

  • 「人工の物でも、そこに込めた思いがあると、その物は自分にとって大きな意味を持ち、価値のある物になる」

 

僕はこれからもあの時磨いた石を眺め続け、触り続けたいと思います。

そうすることで、当時の苦しい体験、這い上がろうとする意思を思い返すことができ、今を生きる自分を叱咤激励することができるからです。

 

 

僕にとって、この石たちは意味のある宝物です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です