「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

自分に自信を持つために必要な「自我」の持ち方

こんにちは、hiroです。

あなたは、自分に自信がありますか?

僕は、正直ありません。

では、どのようにしたら自分に自信が持てるのか?

一緒に考えてみましょう。

 

自分を主張する

新・完訳 成功哲学

 

「自我」とは、自分自身と、自分の望みを主張するのに助けとなる「心の力」である。

ナポレオン・ヒル著「成功哲学」

 

自分を主張できるものを見つけよう。

それが、自分に自信が持てるきっかけになります。

例えば、自分の長所を全面に出してみましょう。

 

僕の場合、長所は、運動神経がそこそこ良いということ。

もちろん、プロ並みではありません。

ですが、学校の体育の授業であれば、普通の人よりも上手に動くことができます。

 

運動ができるというのは、学校生活の中で、かなりのステータスになります。

「スポーツ万能」というのが、自分自身の自我にもなります。

 

スポーツができるということで、他の日常生活でもプラスになることは山ほどあります。

モテたり、頼られたりなど。

この時点で、自我という心の力を身につけ、自分に自信が持てるといえるでしょう。

 

では、大人になった現在の自分はどうか?

残念ながら、スポーツ万能という長所を生かせる場には居ません。

 

ならば、他の長所で自我を育てたいところ。

ですが、僕には特段得意なことはありません。

むしろ、病気になったり、年収が低かったりなど、ネガティブな要素が多すぎます。

 

でも、もしかしたら自分をしっかり見つめておらず、自分を生かせる何かを見つけられていないだけかもしれません。

それを見つけるために、自分自身を省みるのも、自我を芽生えさせ、自信をつける助けになるはずです。

 

それでも、何も見つからなければ、最終手段に移ります。

それは、自信が持てる「何か」を身につけてしまえばいい。

 

「簡単に言うけれど、難しくない?」

そう思いましたか?

 

最も簡単な自我を芽生えさせる方法はあると思います。

それは、「今の自分が、ちょっとだけ背伸びをすること」です。

 

例えば、服装。

いつもは、Tシャツ、ジーパンで過ごすのを、あえて、ちょっと高めのスーツやブランドの服を身につけるなどです。

結構大事なのは、靴です。

足下がしっかりしていると、自分の心をしっかり保てます。

サンダルやスニーカーではなく、革靴を履いてみるのもいいかもしれませんね。

 

その他にも、食事でちょっと贅沢する日を作ったり、自分が興味のあるものを購入したり。

やれることは、意外とあると思います。

 

自分に自信をつけるために、まずしなければならないこと。

それは、自我を芽生えさせること。

そして、自我を芽生えさせるために、自分の長所を生かしたり、ちょっと背伸びをして、充実した気持ちを一時でも持つことが大切だと思います。

 

だから今、自信のない僕が行っていること。

それは、読書です。

 

本を読んで知識を蓄える。

そうしたら、かしこくなった気がします。

本を読んでいるという知的な自分をイメージできます。

 

周囲から見れば、浅はかな考えだと思われるかもしれません。

ですが、自分が快感を覚えることができれば御の字。

「自信が持てるという道」を開くことができるはずです。

 

さぁ、今日も自我を育てるために読書をしよう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

新・完訳 成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です