「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

悲しみの感情を長引かせないための魔法の言葉

こんにちは、hiroです。

今回は、「自分ではどうしようもない感情の対処法」について、本から得た知識をシェアします。

 

悲しみを長引かせないために

新・完訳 成功哲学

 

自分でコントロールできないものを、心配しても仕方がない。

ナポレオン・ヒル著「成功哲学」

 

  • 愛するものを失ったとき。
  • 家族を失ったとき。
  • 自分が傷ついたとき。

悲しみに暮れます。

 

悲しむこと自体は、悪いことではありません。

悲しみや涙は、これ以上感情を爆発させないための人間の防衛反応ですから。

 

しかし、悲しみをやわらげるまでに、時間がかかる場合があります。

よく「いつまでも、クヨクヨするな」と言われます。

少しでも早く、前進する必要があるためのセリフでしょう。

 

でも中には、悲しむ時間が長くなってしまう人もいるはず。

僕も、そうでした。

仕事と彼女とうつ病と

 

僕は、数年前、彼女にフラれました。

そのフラれ方は、耐えがたいものでした。

 

最後にあった日は、とても楽しかった。

実際、その日は、お互いの愛を確かめ合っています。

「また会おうね」と笑顔で互いの家路につきました。

 

けれど、数日後、なぜか急に別れを切り出されました。

メールで一方的に。

どうやら、他にキープしていた男がいたらしいです。

 

「それは他の人でもあるでしょ?」

そう思われるかもしれません。

でも僕の場合、病気を悪化したというのが大きい。

 

当時、僕はうつ病でした。

せっかく寛解して、日常も支障なく暮らすことができていたのに・・・。

 

「うつ病を悪化させやがって」

フラれた悲しみとともに、憎悪の念に駆られました。

 

「いつか、仕返しをしてやる」と思ったこともあります。

(もちろん、そんなことはしていませんよ)

 

傷ついた心を、じつに2年以上長引かせていました。

今思えば、この2年、ムダな時間を過ごしてしまったなと後悔しています。

悲しみや憎しみをどうすればいい?

 

では、彼女にフラれ、うつ病が悪化した僕は、どうしたらよかったのだろうか?

そこで、ナポレオンヒルの言葉である「仕方がない」という言葉。

 

自分でコントロールできないものを、心配しても仕方がない。

ナポレオン・ヒル著「成功哲学」

 

リアルタイムで悲しみに暮れる本人にとって、「これは、仕方がないことだったんだ」と思うのは難しいと思います。

 

でも、今思えば、2年以上の不遇の時代を歩む中で、そう思える機会はいくらでもあったと思います。

転職もしましたし、うつ病のリハビリとして始めた「お絵描き」も、今では趣味になりました。

 

いろんなポジティブな出来事があるにもかかわらず、僕は、ずっとネガティブな心に支配されていました。

 

もう少し早く、ナポレオンヒルの「仕方がないことだ」という言葉に出会っていたら、その言葉が僕の背中を押してくれたんじゃないか。

そして、きっと2年も長引くことはなかったはず。

 

実際、2年以上たったときに、ナポレオンヒルの「仕方がない」という言葉に出会ったことで、自分の2年間を反芻しても、「まぁ、しょうがないことだったんだ」と割り切ることができています。

 

それどころか、「これから挽回すればいいや」と思えるようになりました。

 

この「仕方がない」は、現実逃避ではありません。

悲しみから立ち直るための「背中を押してくれる言葉」だと思います。

 

もしあなたが今、負の感情が自分の心を支配しているのであれば、ぜひ一度、「仕方がない」と唱えてみてください。

 

もちろん、悲しみが始まりたてホヤホヤのときに、現実を受け入れるのは難しいと思います。

 

ですが、長引かせてはいけません。

そのために、最善を尽くす一つの策として、「仕方がない」を口にしてみましょう。

 

この言葉が、あなたの支えになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

新・完訳 成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です