「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

ネガティブな感情を克服するキーポイントをご紹介

こんにちは、hiroです。

誰しもがもっているであろう、辛く苦しい体験。

僕もあります。

今回は、ネガティブな感情をどのように克服できるかを考えてみます。

 

セルフコントロールする大切さを知る

新・完訳 成功哲学

 

多くの人は、何か特別な経験をすることによって、セルフコントロールの大切さを知るものだ。

引用:ナポレオン・ヒル「成功の哲学」

 

僕は、かれこれ2年半、うつ病の治療を受けています。

うつ病の原因は、当時付き合っていた彼女にあります。

 

フラれたからうつ病になったわけではありません。

人の信頼を裏切るような行為を何度もされたからです。

 

とりあえずそれは置いておいて・・・。

 

僕は、自分の置かれた状況を不幸に思っていました。

この記事を書いている今の時点でも、「なんで自分が・・・」と思ってしまっています。

 

「これではいけない」と自分でも思っていますが、なかなかうまくできないのが現実。

どうしたものかと思っていたときに、先ほどのナポレオン・ヒルの言葉に出会いました。

 

うつ病とその関連する出来事は、ぼくにとって特別な経験。

その経験を自分にどう消化していくかが大切だと感じました。

 

そのために、「セルフコントロール」が大切です。

自制心を持つことで、心が安定し、現状に嘆くこともなくなるのではなかろうか。

 

いきなりセルフコントロールができるなんてことはないと思います。

けれど、ナポレオン・ヒルの言葉を毎日思い出すことで、少しずつ、自分の潜在意識の中に、「セルフコントロール」という言葉が刷り込まれていくはず。

 

最初は、中身のないスカスカの言葉だとしても、何度も繰り返し自分の思考に落とし込むことによって、セルフコントロールという言葉の重みが出てくるかもしれません。

 

とにかく、自分をポジティブに持ち上げてあげるか、もしくは、自分をネガティブに谷底に突き落とすかは、「すべて自分次第」と言えるでしょう。

 

  • 病気持ちだ
  • お金がない
  • 周りの環境が悪い

だから、自分は不幸だ。

 

確かに自分は幸せとは思えない出来事を経験している。

けれど、その経験に自分が押しつぶされないようにしたい。

 

  • 「まずは、セルフコントロールする力を身につけましょう」

 

こんなことを言われても、「どうやるの?できっこない」と思ってしまいがち。

それは当然のことだと思います。

自分の中で、まだ鮮明にセルフコントロールのイメージができていないので、いきなりやれと言われても無理な話。

 

だからまずは、セルフコントロールという言葉を、自分の思考の中にインストールしてあげることが大切です。

毎日繰り返し、自分を省みて、「自分がどのような人生を送りたいか」を真剣に考えてみるといいかもしれません。

 

もちろん、労力はかかります。

考えるだけで、億劫です。

それでも、自分を見つめるという行動は、常に行うべき。

 

「出口の見えないトンネル」だとしても、「何やってるんだろう」と思っても、それでも継続して、「セルフコントロール・・・セルフコントロール・・・」と呪文のように唱えることが大切だと思う次第。

最後までご覧いただきありがとうござました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です