「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

インターバル速歩って知ってる?早歩きウォーキングの健康効果。

こんにちは,hiroです。

健康やダイエットのためのウォーキング。

何分歩きますか?

何歩歩きますか?

週何回歩きますか?

ひとくちにウォーキングといっても,行い方は様々です。

そこで今回は,インターバル速歩という歩き方についてシェアします。

 

インターバル速歩のやり方

STEP.1
ウォーミングアップ
ケガを防ぐために,体が温まるくらいまで歩きましょう。
STEP.2
3分早歩き

体が十分に温まったら,インターバル速歩の開始です。

3分の間,「ややきつい」と思うペースで歩きます。

STEP.3
3分普通歩き

3分早歩きしたら,呼吸を整えるために,3分普通に歩きます。

立ち止まらず,ゆっくりでもいいので歩きながら休みましょう。

STEP.4
3分早歩き

そしてまた,3分早歩きを行います。

「3分早歩き―3分普通歩き―3分早歩き」を繰り返し行います。

何分行うか

最初はきついと思うので,30分ほどで良いでしょう。

それでもきつい場合は,2つのパターンで運動強度を軽くします。

早歩きの時間を減らす

3分できつければ,2分,1分と減らしましょう。

最初のうちは,どれくらいの時間早歩きができるかわかりません。

なので,短い時間から始めて,徐々に時間を伸ばしましょう。

普通歩きの時間を増やす

呼吸を整える時間を増やしてもかまいません。

ある程度の運動強度を得るために,できれば3分行いたいですが,無理をしてはいけません。

最初はケガのリスクを最小限にするために,慎重に行いましょう。

 

【秘訣】2時間ウォーキングダイエットの効果と痩せた歩き方&やり方

 

インターバル速歩のメリット

研究により,インターバル速歩をしたら,血圧,血糖値,BMIの数値を改善できたということが明らかになっています(Morikawaら,2009)。

この研究は,666名を対象にした大規模な研究です。

被験者の皆さんは,1日平均25分のウォーキングを週4日,それを4ヵ月行いました。

なおインターバル速歩は,「1日1万歩」を目標にしてウォーキングを行うよりも,非常に継続率が高いことが明らかになりました。

 

 

1日1万歩だと,ウォーキング時間としては個人差はありますが,1時間20分ほどかかります。

それに対して,インターバル速歩では,たった30分未満のウォーキングで生活習慣病の数値を改善することができています。

 

日々の生活で,運動時間を確保するのが難しいのが現状です。

それを考えると,インターバル速歩は,短い時間で効率よくウォーキングできるといえます。

「ややきつい」とはどのくらい?

早歩きは,「ややきつい」と思う速度で歩きます。

それは,どのような感覚なのか。

 

まず,軽く息が弾みます。

軽い会話はできる程度です。

約10分ほど歩くと,軽く汗ばんだり,脚に疲労を感じます。

 

 

主観的な感覚なので,最初はどのくらいで歩けばいいのかわからないと思います。

ポイントは,歩き終わったときに,しっかり体がポカポカしているか。

 

もしポカポカしていない場合は,運動強度が足りていない可能性があります。

そのようなときは,歩くスピードを速めたり,早歩きの時間を増やしたりしてみましょう。

どれくらいで効果が出るの?

ウォーキングはもともと運動強度が高くありません。

なので,長期間継続しないと,なかなか効果を感じることができないのが現状です。

目やすとしては,1週間で合計60分以上歩いて,それを5カ月続けると効果を実感できるようです。

 

 

健康は1日にしてならず。

長い目で取り組んでいきましょう。

 

(引用参考文献:肥満と糖尿病 Vol.8 No.6 2009)

 

人生を変える15分早歩き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です