「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

目の疲れからくる頭痛をとる魔法のエクササイズ。道具?マッサージ?いらないよ。

こんにちは,hiroです。

今回は,「眼精疲労による頭痛を解消するエクササイズ」をシェアします。

用意するものは,親指だけ。

即効性があり,効果抜群なので,ぜひお試しください。

 

エクササイズのやり方

このエクササイズの目的は,「目のピント調節機能」を回復させることです。

いつでもどこでも,お手軽にできます。

STEP.1
エクササイズの準備姿勢
 

 

両手の親指を立てます。

次に,目と目の間に親指が来るようにします。

そして,片方の腕を伸ばし,もう片方は目の近くに置きます。

目の近くの親指は,ピンぼけしないように,距離を調節してください。

STEP.2
エクササイズ

 

まず,手前の親指のを見て,ピントを合わせます。

ピントがあったら,奥の親指にピントを合わせます。

ピントがあったら,5m以上先の景色にピントを合わせます。

5m以上先の景色は,あらかじめ目印となるものを決めておきましょう。

STEP.3
往復する

 

5m以上先の目印のピントがあったら,今度は逆戻り。

伸ばしているほうの親指にピントを合わせます。

ピントがあったら,目の近くの親指にピントを合わせます。

これを10往復ほど行います。

ポイントは,しっかりピントを合わせてから,目線を移動させること。

ピントが合わないまま,目線を移動させても意味がありませんので,注意してください。

 

朝晩2回行いましょう。

それ以外にも,目を酷使して,疲れを感じたらやってみてください。

エクササイズの後,近くから遠くへ目線を移してみると,スムーズにピントが合うようになっているはずです。

僕の経験をシェア

 

僕は,度が合わないメガネを長期間つけていました。

そのせいか,毎日,目の疲れを感じていました。

こめかみ部分にズーンと鈍い痛みが生じることも。

 

そこでメガネを換えようと,認定眼鏡士のいるメガネ屋に行きました。

視力検査をしたときに,目のピント調節機能が衰えていると言われました。

ピント調節機能が低下すると,目が疲れやすく,それによる頭痛も起きてしまうそうです。

 

そして,ピント調節機能を回復するために,認定眼鏡士の方がエクササイズを紹介してくれました。

実際にやってみると,ピント調節機能が回復し,眼精疲労による頭痛も起きなくなったのです。

即効性があり,めちゃくちゃ効果が感じられました。

 

道具もマッサージも必要なし。

親指だけあればできる,簡単エクササイズです。

僕と同様に,眼精疲労による頭痛に悩まされている方は,ぜひ行ってみてください。

 

【レビュー】コスパ最強!疲れ目に効く、蒸気ホットアイマスク

 

【第3類医薬品】キューピーコーワiプラス 180錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です