「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

【ベンチプレス】どれくらいの体重でどのくらいの重量が上がるのかを体重比で知ろう

こんにちは、hiroです。

今回は、僕がベンチプレスで120kg挙げたときの体重と、MAX重量を上げたときの「体重比」を調べてみたので紹介します。

※この記事の一番下に、「僕がたった1年2か月でMAX75㎏から120㎏まで上げることができたオリジナルトレーニング」のリンクを完全無料で公開しています。かなり有益な記事なので、ぜひご覧ください。

 

自分の体重とMAX重量の変遷(体重の何倍か)

 

上の表は、「僕のベンチプレスMAX75kgから120kgまでの体重変化と比率」を表しています。

体重が増えるとともに、MAX重量も伸びていることがわかりますね。

 

グラフ化してみました。

 

 

一般的にベンチプレスは、体重が多いほど挙げられる重量も大きくなるといわれています。

なので、体重を増やすことが、MAX重量を上げるひとつの方法と言えます。

 

逆に、体重が重たいのに、重量が伸びていない人は、トレーニングの仕方を見直した方がいいか、フォームを修正した方がいいかもしれません。

 

ではどのくらいの体重でどのくらい上げられればいいのでしょうか?

自分の体重の1.5倍を基準にする

 

一般的には、ベンチプレスの重量は、「体重の1.5倍は挙がる」と言われています。

僕の表の比率部分を見てみましょう。

 

 

比率を見てみると、すべてにおいて、1.5倍前後ですね。

つまり、一般的に言われていることと、僕の実践の結果は同じだということがわかります。

 

おもしろいことに、前半は1.3倍と1.4倍ですが、後半は1.6倍になっています。

もちろん比率が大きい方が、より少ない体重で大きな重量を扱えると言うことになります。

 

僕は、後半、トレーニングの仕方をガラリと変えました。

1.6倍という大きな数字になったのは、そのトレーニング効果を反映しているものと思われます。

(※そのトレーニングメニューのリンクは、記事の一番下にあります。)

僕のトレーニングは正しかった

 

120kgを上げるための体重は、1.5倍で計算すると体重80kgとなります。

僕は、体重が73.5kgのときに120kg挙げられました。

つまり、一般的よりも軽い体重で120kgを挙げることができたと言えます。

 

体重が大きければ大きいほど挙上重量も重たくなる世界において、より軽い体重で重たいものが持てるというのは、とても意義のあることだと思います。

 

トレーニングの仕方が間違っていなかったという根拠にもなります。

僕にとって、73.5kgで120kgを挙げることができたのは、とても自信につながりました。

今の自分の体重比率を調べてみよう

 

一般的に言われているベンチプレスにおいて「体重の1.5倍は挙がる」という説は、僕の実践でも正しいことが明らかになりました。

ぜひ、あなたも今の自分の体重とMAX重量の比率を調べてみてください。

 

もし比率が1.5倍よりも下回っていたら、トレーニングを再考したり、フォームを再確認するきっかけになります。

1.5倍以上なら、自信を持って、これからもどんどんトレーニングができると思います。

プロテインを飲もう

筋肉をつけるなら、やはりプロテインを飲むと良いでしょう。

良質なプロテインは、吸収率の高いたんぱく質が含まれているので、筋肉づくりに大きく役立ちます。

 

僕がプロテインを選ぶ基準

  • 吸収率の高いホエイプロテインが使われている
  • HMBが配合されている
  • 臨床試験がなされている
  • お財布にやさしい
  • 美味しい

条件は厳しいですが、以下のようなプロテインが当てはまります。


【HMBプロテイン18000】

純国産なので、安心して飲むことができますよ。

一度試してみてはいかがですか?

 

この記事があなたのベンチプレスの参考になれば幸いです。

 

ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)

 

ベンチプレス フォームと補助種目―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.2〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 2)

 

完全無料公開!見なきゃ損です。

【有料級】たった1年2ヵ月でベンチプレスのMAXが75kgから120kgになったオリジナルトレーニングを無料で紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です