「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

【ネタバレ感想】恋妻家宮本のエンディングは「おぉ…!」となった。

こんにちは、hiroです。

アマゾンプライムビデオで、阿部寛さんと天海祐希さん出演の作品、「恋妻家宮本」を観ました。

 

恋妻家宮本

 

熟年夫婦の悩みって、切実だなぁと思いました。

 

「恋妻家宮本」のあらすじ

子どもが独り立ちし、宮本陽平美代子は25年ぶりに夫婦水入らずの生活が始まった。

しかしある日、棚にある本を何気なく手にとった陽平は、驚愕した。

なんと本の中には、すでに妻のサインと判が押された「離婚届」が隠されていたのだ。

動揺が隠せない陽平。

 

なぜ、妻は離婚届を書いたのか。

なぜ、それを本の中に隠していたのか。

そして、熟年離婚してしまうのか。

二人の運命は…!?

エンディングが見どころ

僕は、まだ独身。

熟年夫婦の悩みってこんなことがあるんだと、他人事のように見ていました。

 

僕は、この作品で、一番「おぉっ!?」となったのは、ラストシーン。

陽平・美代子夫婦が仲良くレストランで食事をするシーンです。

「あぁ、これでエンドロールかぁ」としみじみしていたところ…。

 

なんと、陽平を演じる阿部寛さんが、急にカメラ目線になり、歌い出しました。

その後、天海祐希さんが歌い出し、続いて作品に出ていた登場人物が次々と歌い始めるんです。

最後は、大合唱。

すごくほっこりするエンドロールでした。

 

あと、個人的に菅野美穂さんも良かったです。

メガネ姿がとても色っぽく、世の男性を射止めそうな妻を演じていました。

 

阿部寛さんの演技も、すごく引き込まれる。

これからも、いろんな出演作を観てみたいなと思いました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

恋妻家宮本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です