「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

リアップを指で塗り広げることはできるのかという問題

  • リアップの薬液を指で塗り広げることはできるの?

今回は、この質問にお答えします。

この記事の結論は。

  • リアップの正しい使い方に従うべきである。

 

僕は、リアップのみで「発毛・育毛」にチャレンジして1年以上たちます。

しっかり効果も認められ、今では、薄毛に対する悩みも解消しました。

 

リアップを指で塗り広げるのは、ありか?

 

結論から言うと。

  • 指で塗り広げることはできるが、しないほうが無難。

やはり、推奨される正しい使い方に、忠実に従ったほうがいいです。

リアップの本来の使い方

 

  • 頭皮に押し当てるがポイント

基本、容器の先端を頭皮に「トントン」と押し当てます。

自分が一番発毛したい部分を中心に、1~2㎝間隔で付けることが理想とされています。

 

同じ個所に何度もつけることはしないほうがいい。

  • 理由は、液だれしてしまうから。

ピンポイントでたくさん付ければいいわけではありません。

 

では、頭皮に付けた薬液を指で塗り広げるのは、ありか。

僕個人としては、おすすめできません。

  • 塗り広げてしまうと、毛根に対する薬液の浸透量が少なくなってしまうかもしれないからです。

つまり、効果半減してしまうのではなかろうか。

感覚的に、ですけどね。

 

それに、指に薬液が尽きます。

  • 指が乾いていれば、そっちに薬液が浸透してしまうかもしれません。

余計なリスクは負わないことが一番。

説明書通りに使うのが無難です。

リアップの薬液を指で塗り広げてもいいとき

 

  • 液だれしたとき、「指ですくいとり、違う個所に塗り伸ばす」ことはしてもよい。

僕は、「おでこの生え際」を中心に、リアップを付けていました。

おでこは傾斜があるので、液だれしやすい個所です。

僕は、毎回、液だれをしていました。

その際、指で垂れた液をすくい取り、他に塗れていない箇所に付けていました。

このような使い方であれば、指で付けることは全然問題ありません。

リアップの正しい使い方のデメリット

 

1回分の使用量で、頭全体に付けることは不可能です。

  • 発毛させたい部分に、集中的に塗るからです。

つまり、頭全体にまんべんなく薬液を浸透させることはできません。

 

僕も実際、おでこの生え際を重点的に、リアップを付けていました。

そうすると、つむじ部分に塗る前に、1回分の使用量が終わってしまいます。

おでこの生え際は発毛できましたが、つむじ部分の効果は小さかったです。

リアップの効果を高めるためには

 

  • 頭全体にまんべんなく塗ろうとするよりも、発毛させたい個所に集中的につけるほうが、リアップの効果を最大化できるかもしれませんね。

もしかしたら、リアップの効果をあまり感じられていない方は、頭全体にまんべんなく塗っているからかも。

局所集中的に付けたほうが、「発毛・育毛」効果が得られるかもしれません。

 

この記事があなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL

 

【第1類医薬品】リアップX5 60mL

 

こちらの記事もおすすめ!

リアップの口コミの参考に!M字ハゲのおでこの生え際は1年後、復活したのか?

本気の育毛日記はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です