「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

水泳で筋肉がつくには、はたして何メートル泳げばいいのか?

こんにちは、hiroです。

水泳で筋肉はつくの?

どれくらい泳げば筋肉はつくの?

このような質問にお答えします。

 

この記事を読むと。

水泳で筋肉がつくかどうかがわかります。

 

結論から言うと。

3000m以上泳ぐ人は、筋肉のサイズが大きいことがわかっている。

したがって、水泳で筋肉はつくかもしれない。

ただし、しっかりと40分以上泳がないと筋肥大の効果は得られにくい。

 

上記の結論は、僕が大学院時代に学会に参加したとき、体脂肪や筋肉に詳しい安部孝氏がプレゼンしていたものです。

筋トレよりも効果は望めないが、水泳でも筋肥大する可能性があると話されていました。

 

水泳で筋肉がつく

 

水泳のアスリートの体つきを見てみると、上半身の筋肉が発達していますよね。

これは水泳が、上半身をよく使うからだと考えられます。

 

アスリートであれば、日々の練習で、3000m以上泳ぐこともあるでしょう。

そのため、筋肉が発達しやすい負荷でトレーニングできているといえます。

 

一方、健康のために水泳をしている人にとって、3000mはかなりキツイと思います。

僕も、大学時代に水泳の授業があり、1500m泳いだだけで、足がつってしまうほどでした。

一般の人が水泳で筋肉をつけたい場合、かなり頑張る必要があります。

水泳は「筋肉がつく」より、「体力がつく」

 

水泳は、有酸素運動でもあります。

有酸素運動は、体に取り込む酸素の量を増やす効果があります。

つまり、疲れにくい体になるのです。

 

「筋肉がつく」のと、「体力がつく」のとでは、「体力がつく」比率のほうが高いと思います。

したがって、水泳は、筋肉をつけると考えるよりも、体力をつけると考えたほうがトレーニング効果を実感しやすいです。

「筋肉と体力が同時につく」方法

 

効率よく、筋肉をつけ、疲れにくい体にするためには、二つのパターンが一般的です。

 

  1. 筋トレ+ジョギング(ウォーキング)
  2. 筋トレ+水泳

 

このように、筋トレと有酸素運動を組み合わせて行うと効果的です。

ジョギングが苦手な人は、水泳でも有酸素運動ができます。

 

「筋肉と体力が同時につく」方法は、「筋トレ+有酸素運動」が効率的。

水泳はあくまで有酸素運動ととらえ、筋肉は筋トレでつけると考えると良いでしょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Caloics® 速乾タオル スポーツタオル 2枚セット 防災用品 収納袋付き マイクロファイバー バスタオル ビーチタオル 旅行タオル 色褪せない 防臭 超速乾 超吸水 超やわらか コンパクト 旅行・お風呂・スポーツに最適 7色展開 (グレー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です