「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

ベンチプレスを自宅でやっている僕がおすすめする失敗しない器具の選び方

ベンチプレスを自宅でやりたいけど、必要な器具は何がいる?

自宅でトレーニングするときの注意点とは?

今回は、この質問にお答えします。

 

この記事を読むと。

自宅でベンチプレスをするときに必要な器具の選び方がわかる。

自宅でトレーニングするときの注意点がわかる。

 

僕は1年2か月でベンチプレスのMAX重量が75㎏から120㎏に上がりました。

その際、ベンチプレス台を買って自宅でトレーニングしたこともあります。

その経験を踏まえて、自宅でおすすめの器具をシェアします。

 

ベンチプレスを自宅でやる時のおすすめの器具の選び方

最低限必要な器具

  • ベンチプレス台(ナロータイプ or ワイドタイプ)
  • バーベル
  • プレート
  • トレーニングマット
  • セーフティラック

 

自宅でベンチプレスを行う場合、ナロータイプのベンチプレス台をおすすめします。

理由は、部屋のスペースが狭くても置けるからです。

 

ワイドタイプだと、シャフトの長さが約2m必要で、横幅がかなり必要です。

ですが、ナロータイプだと、160㎝のバーでおさまります。

 

(写真:僕の8畳の部屋に置かれたベンチ台。シャフトの長さは160㎝)

 

上の写真は、実際に僕がベンチプレスをしていた8畳の部屋です。

ベンチ台の向かい側には、ベッドがあります。

部屋は少し狭くなますが、生活できない程度ではありません。

むしろ、予想以上にコンパクトに収まったので、僕としては大満足です。

 

 

ナローのベンチ台にする場合、シャフトは28㎜になります。

僕が使用した160㎝をはじめ、自宅用のベンチプレスは28㎜がおすすめです。

ジムに置いてあるようなオリンピックシャフトは、長さと重さがあるので、自宅ではかなり不便です。

プレートもシャフトに合わせて穴が29㎜のものを選ぶ必要があります。

 

IROTEC ストレングスセットR100 K【バーベルシャフト180cmワイドグリップタイプ】/ 人気のベンチプレスセット。セイフティラックで安全・安心してトレーニングが出来ます。

 

おすすめの買い方は、「ベンチ台、シャフト、プレート、セーフティラック」がセットになっている商品です。

いちいち選ばなくてもいいので、失敗もありません。

 

ひとつ気をつけたいのが、「セーフティラック」。

上記のアイロテックの商品であれば、安心です。

理由は、バーベルを受ける幅の長さが長いからです。

 

[WILD FIT ワイルドフィット]セーフティスタンド(1対)

 

一方、上記のようなセーフティラックは、あまりおすすめしません。

理由は、バーベルを受ける幅が小さいからです。

もし、ベンチプレスでつぶれたときのセーフティとしては心もとないです。

 

ボディメーカー(BODYMAKER) ベンチセイフティスタンド2 ブラック TM089BK

 

ちなみに僕が使用していたのは、ボディメーカーのセーフティラック。

バーベルの受け幅の長さも申し分ありません。

 

さらに嬉しいことがあります。

 

(写真:いろんな筋トレもできる)

 

僕はセーフティスタンドを使って、上の写真のようにセッティングしていました。

EZバーを乗せれば、デッドリフト、アームカール、アップライトローイング、ベンチオーバーローイングもできます。

 

IVANKO(イヴァンコ)アームカールバー CB-1

 

ただし、デッドリフトとベントオーバーローイングは、バーを持ち挙げたら後ろに下がらなければいけませんけどね。

本来の使い方とは異なりますが、自宅でのトレーニングとしては、申し分ない使い方ができたと思っています。

 

 

(写真:トレーニングマットで跡を防ごう)

 

トレーニングマットは、必須です。

ベンチプレスをすると、床にかなりの重さが加わります。

トレーニングマットがないと、床にベンチの跡がついてしまいます。

また、重りを置く際も、マットの上に置けば、床の跡を防ぐことができます。

 

あると役立つ道具

  • EZバー
  • グローブ
  • リフティングベルト
  • タイマー
  • ヨガマット

 

EZバーは先ほど説明しました。

 

ヨガマットは、重りを置くときに使います。

トレーニングマットと同じく、プレートの重さで、床に跡がつかないようにするためです。

 

あとは、グローブやリフティングベルトを装備すれば、満足のいくトレーニングができます。

 

ベンチプレスでグローブをつけないと起こる5つのデメリット ベンチプレスで腰ベルトをつけない3つのデメリット。サポーターとして必ずつけよう。

 

意外とあると便利なのが、タイマーです。

筋トレは、セット間のインターバルを測ったりします。

そのときに、自動的に時間が来たら教えてくれるタイマーは重宝します。

自宅でベンチプレスする際の注意点

(写真:工夫がいくらでもできるのが、自宅筋トレの良いところ)

騒音対策

ベンチプレスで、バーをラックに戻すとき、「ガシャン!」と音が鳴ってしまいます。

これはあまり防ぎようがありません。

注意してゆっくりラックに戻しても、音は静かになりますが、振動は消せません。

そこで僕は、ラックのバーが乗る部分に、スポンジを乗せていました。

そうすることで、音も静かになり、振動も軽減することができました。

 

スペース確保

ちゃんとベンチプレスが置けるかどうかを計算しなければなりません。

ナロータイプの場合、僕の経験から8畳は確実に置くことができます。

ただし、シャフトを160㎝にした場合ですけど。

部屋に十分な広さがあればワイドタイプや、パワーラックを置いてもいいかもしれませんね。

 

床の心配

(写真:とにかくトレーニングマットは必須!)

 

重たいものを乗せると、床が抜けるんじゃないか。

僕も心配しました。

けれど、たいていの床は大丈夫のようです。

僕は、アパートが築20年で結構ボロボロのところに住んでいました。

それでも110㎏までは何とかできました。

住んでいる部屋にもよりますが、たいていは大丈夫だと考えます。

心配な場合は、メーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

 

この記事があなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

IROTEC ストレングスセットR100 K【バーベルシャフト180cmワイドグリップタイプ】/ 人気のベンチプレスセット。セイフティラックで安全・安心してトレーニングが出来ます。

 

ボディメーカー(BODYMAKER) ベンチセイフティスタンド2 ブラック TM089BK

 

IVANKO(イヴァンコ)アームカールバー CB-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です