「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

【スクワットフォームの正しいやり方】必ず注意してほしい1つのこと

こんにちは、hiroです。

今回は、「スクワットをするときに注意してほしいこと」をシェアします。

スポーツトレーナー時代に、よく指導していた内容です。

 

腸腰筋を収縮させよう

(イラスト:腸腰筋は上半身と下半身をつなぐ大事な筋肉)

 

スクワットは足の筋トレという意味合いが強いです。

しかし、全身運動でもあります。

 

スクワット時に働く筋肉の数は、なんと200以上

腹筋や背筋などの筋肉も、しっかり働いています。

ただし、正しいフォームでやった場合のみですが。

 

(イラスト:どの手の位置でも共通する大事なことがある)

 

フォームは、両手を前に出して行うやり方。

頭の後ろに手を組むやり方。

いろいろありますし、どのフォームでもいいです。

 

ただし、共通する大事なことがあります。

 

正しいフォームとは
腸腰筋がしっかり働いていること。

 

体を上下するときに、腸腰筋の力が抜けないようにすることが大切です。

股関節に手を挟むように行う

(イラスト:スクワット時に、手のひらが股関節にはさまれていくとグッド)

 

しゃがむ時に、股関節で手のひらを挟みます。

このとき、足の筋肉だけでなく、腹筋周りの筋肉も使っている感覚が得られればOK

 

(イラスト:要するにコマネチ)

 

腰が丸まったスクワットだと、股関節で手を挟めません。

正しいフォームで行うと、股関節にしっかり手が挟まります。

腸腰筋が使えないデメリット

全身を鍛えられない

 

腰が丸まらないように注意してください。

腰が丸まると、全身に力が伝わりません。

 

股関節からしっかり折り、全身の筋肉に緊張感を感じる。

そうなればオッケーです。

 

かといって、腰をそり過ぎてもいけません。

腰痛の原因になります。

腸腰筋を意識する練習方法

 

イメージとしては、後ろのイスにちょこんと座るように、ゆっくりしゃがむと良いです。

実際にイスを用意して、やってみましょう。

 

ドスンと座るのではなく、ゆっくり慎重に座る意識でしゃがんでいくと良いでしょう。

手のひらを股関節に挟みながら、ゆっくりイスに座っていく。

そうすることで、必然的に腸腰筋を収縮させることができます。

腸腰筋が働いているかの確認方法

(イラスト:腸腰筋が働いていれば、股関節を後ろからグッと押されても、後方へ倒れることはない)

 

腸腰筋がしっかり使えているかを確認する方法があります。

スクワットの時のしゃがんだ姿勢。

このとき補助者に、後ろから股関節をグッと押してもらいます。

 

押されたときに、後ろに倒れてしまうのは、腸腰筋が使えてません。

グッと押してもしゃがんだ姿勢を維持できていると、腸腰筋が使えている証拠です。

 

全身運動のためのスクワットは、腸腰筋を使うことが大切。

というお話でした。

 

僕のスクワットのやり方と1か月続けたときの効果。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

世界一やせるスクワット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です