「本気の育毛日記」継続中!(2019/7/12更新)

「自分はなぜ太るのか」の原因の診断方法【空腹・満腹感覚編】

こんにちは,hiroです。

今回の「自分の太る原因を知ろう」シリーズ。

「空腹・満腹編」を見ていきましょう。

シリーズ記事はこちら。

「自分はなぜ太るのか」の原因の診断方法【食動機編】 「自分はなぜ太るのか」の原因の診断方法【代理摂食編】 「自分はなぜ太るのか」の原因の診断方法【食べ方編】

 

空腹・満腹の食行動

下記は肥満症患者がよく言う言葉です。

自分が当てはまるものをチェックしていきましょう。

 

(1.そんなことはない 2.時々そういうことがある 3.そういう傾向がある 4.まったくその通り)

  • 空腹になるとイライラする( )
  • お腹いっぱい食べないと満腹感を感じない( )
  • たくさん食べてしまった後で後悔する( )
  • 食前にはお腹がすいていないことが多い( )
  • 空腹を感じると眠れない( )
  • 空腹や満腹感がわからない( )

 

空腹・満腹を改善するには

規則正しい食生活を心がけることが一番です。

決まった時間に食事を摂ることで,空腹感に対する耐性がついていくと思います。

 

満腹感は,やはり腹8分目。

その状態になるように,あらかじめ食事の量を調節しましょう。

カロリーの摂取が多ければ多いほど,体に脂肪が溜まる可能性が高まります。

それを防ぐためには,適切な量の食事をすることが大事。

 

規則正しい食事時間と食事量で,自分の空腹・満腹感覚を把握していきましょう。

把握すれば,どの程度の食事量で満腹感が得られるのかがわかってきます。

根気よく,食事と自分を照らし合わせてみてください。

 

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割[決定版] (impress QuickBooks)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です