「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

うつ病復職まであと一息だ。

今回のうつ病の治療は上手くいった。

特に、外出の機会を増やし、自然のエネルギーを吸収できたのが大きい。

加えて、動画を撮って語ることで、自分のうちにある毒素を外に排出できた。

 

今のところ、頭が重いという日はない。

強いていえば、一日だけ、こめかみ部分が痛くて、脳みそがブルブル震える感覚があった。

けれど今はもう、痛みはない。

 

薬は減らそうとした。

けれど、少しずつ減っていけばいい。

現状として、抗不安薬は1日3錠のところ、0.5錠にまで減らせた。

睡眠薬も、2錠飲んでいたが、1錠になった。

薬は徐々に減ってきているので、心配はない。

 

いろんな発見があった。

買い物の仕方や、部屋にこもることの危険さ。

たくさんの学びがあり、知恵として、自分の意識に定着させることができた。

 

動画を撮ることは、非常に効果的だったと感じる。

普段、声を出さないので、しゃべる練習にもなる。

しゃべることで、内から外へ排出できる。

動画を見返すことで、その日を振り返ることができる。

良いこと、反省すべきこと、色々動画に撮った。

そしてその日のうちに、動画を見返し、次の日に生かそうとした。

PDCAサイクルを早く回転させることができたと思う。

 

人混みに対する不安も大丈夫。

イオンに行ったが、周囲の人間も結局自分と同じなんだと認識した。

そりゃそうだ。

人混みが好きだなんて人間のほうが少ないに決まっている。

これに気づけたことは大きい。

僕が思っていることは、たいていの人間も思っている。

みんな一緒なんだ。

 

あとは、自分の脳みそを使っていくことが課題。

まだ、本を読んだり、絵を描いたり、ブログを書いていない。

今までは、頭を空っぽにするために、極力何もしなかった。

その分、外出して、自然をボーッと眺めることで、スッキリすることができた。

もう、体調は、100%に近い状態といえるだろう。

 

いよいよ仕事に復帰間近だ。

残りの休みを有意義に過ごしていく。

具体的には、作業を少しずつ再開して、脳みそを使っていく。

あくまで、少しずつ。

あせらず、短時間でもいいので、休憩を取りながら、脳みそを慣らしていこう。

 

今回の休職は、大成功と言えるだろう。

自分のコンフォートゾーンをあえて狭め、最低ラインから再出発することで、気持ちに余裕が生まれた。

アファメーションを実践し、自分の潜在意識にポジティブな言葉を投げかけ続けた。

最初はムリしていた感じがあった。

しかし、今では、ポジティブの依存度のほうが高い。

このまま続けて、ポジティブ人間になろう。

 

自分の内側が、自分の外側の環境を作っていく。

いくつかの本に、そう書いてあった。

まさにその通りだと思う。

この原理原則を知っていたおかげで、アファメーションを疑うことなく実践できている。

あとは、時間の問題。

アファメーションは、3週間ほどで効果を感じるらしいので、このまま続けていく。

 

もう大丈夫。

何も心配いらない。

僕ならやれる。

 

この休みの期間でかなり成長できたと思う。

休みが明けたら、別人のようになっているよ。

まずは笑顔で、はきはきとした声を出すこと。

何でもポジティブにとらえること。

そうすれば、人は変われる。

ゼロからのスタートだって、こわくないんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です