ダイエットで痩せるための運動時間は3つのポイントを意識せよ!

こんにちは、hiroです。

今回は、「ダイエットで痩せるための運動時間は3つのポイントがある」ことについてお話しします。

Fitbit フィットビット 心拍計 フィットネスリストバンド AltaHR 心拍 睡眠 健康管理 活動量計 アクティブトラッカー スマートブレスレット Black ブラック Lサイズ 【日本正規品】 FB408SBKL-CJK

ダイエットのための運動時間


ポイント1.運動を細切れにしても効果あり

まず、かんちがいされやすいこととして、「脂肪は20分以上たたないと燃えない」という説。

これは間違いです。

正しくは、「脂肪は運動開始直後から燃えているが、20分以上たつとさらに燃える」ということです。

人間は、普段運動していないときでさえ、脂肪を使って活動エネルギーを作り出しています。

これに運動を加える、さらに20分以上運動し続けることで、脂肪燃焼の効率がアップするのです。

科学的な研究において、運動時間は細切れにしても効果があると言うことがわかっています。

例えば、同じ20分の運動でも、「20分連続して運動する」のと、「10分運動して少し休む、そしてまた10分運動する」というやり方でも、同じ効果が得られるそうです。

トータル時間が同じであれば、あいだに小休憩をはさんでも、脂肪燃焼効果に大差はないということですね。

つまり、ムリして、まとまった時間運動しなくても、1日トータルでたくさんの時間の運動ができればよいということです。

忙しい人にとってはこれは朗報だと思います。

ポイント2.時間よりも強度を意識する

とはいうものの、トータルして長い時間をどのように確保するのかが問題になります。

特に忙しい平日は、自分の時間を確保することすら難しい。

少ししか運動できないのであれば、そもそも運動する意味がないのではないか。

そう思ってしまいがちです。

しかし、まったく運動をしないのは、健康上よくありません。

少しの時間でも体を動かすことで、運動後の代謝活動も活発になります。

ではどうしたらいいか。

それは「短い時間の運動は強度を高める」とよいです。

例えば、15分しか運動できないというとき。

普段ならウォーキングをするけれど、今回は5分だけジョギングに変える。

というように、少しだけ強度を高めてやるのです。

何もしないよりは、短い時間でもしっかり運動することは可能。

強度を意識しながら行うことをおすすめします。

ポイント3.1日の総活動量を増やす

効率よくダイエットで痩せるには、「1日トータルの活動量を増やす」ことがポイント。

いくら30分運動したとしても、その後あまり動かなければもったいない。

例えば、1日5分しか運動できなくても、その後の時間を活動的に過ごせれば、30分運動したときと同じくらいの効果を得られるかもしれません。

ウサギとカメのようですが、まとまった時間を一気に運動するよりも、1日トータルで考えたほうが、ダイエットには効果的です。

1日の活動量を調べる活動量計は今、いろんな機種があります。

万歩計で一日の歩数を数えてもいいでしょう。

Fitbit フィットビット 心拍計 フィットネスリストバンド AltaHR 心拍 睡眠 健康管理 活動量計 アクティブトラッカー スマートブレスレット Black ブラック Lサイズ 【日本正規品】 FB408SBKL-CJK

今自分が1日のうち、どれだけ活動できるかを把握することをおすすめします。

その上で、日常で活動量が増えるように、自分のライフスタイルに合わせて、運動を取り入れると、継続しやすいのではないかと思います。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告