【ネタバレ感想】平野啓一郎・作「透明な迷宮」よりも「私とは何か」のほうがおすすめ。

こんにちは、hiroです。

今回は、平野啓一郎さんの小説「透明な迷宮」の感想を書きます。

透明な迷宮 (新潮文庫)

平野啓一郎さんは、「日蝕」という小説で芥川賞を受賞している、現代作家です。

あらすじ


「透明な迷宮」ほか、5編が収録された短編集。

「透明な迷宮」は、とある男女が突然、見物人たちの前で、愛し合わなければならないという境遇に陥ります。

その後、この二人は、本当の愛をつかもうとするが・・・という話。

感想


透明な迷宮は、ラストがおもしろかったです。

男女の愛を求めた話だったのが、最後の最後で若干スリリングなホラー感を感じました。

けしてホラー小説ではないですが、怖いと感じる人がいるのではないでしょうか。

それ以外の短編は、正直おもしろくなかったかなぁ。

僕の読解力が足りないからかもしれませんが、物語の核がいまいちつかめませんでした。

平野啓一郎さんのおすすめ本


私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

僕が平野啓一郎さんの本で感銘を受けたのは、「私とは何か」というエッセイです。

この本は、私という存在を、個人ではなく、「分人」という概念で見ていくという話です。

非常に画期的だと感じましたし、「分人」という考えを持ったら、生きるのがだいぶ楽になる気がしました。

周囲とうまくやれていない人や、コミュニケーションが苦手な人にはおすすめの本です。

僕も人と関わるのが苦手で苦労しています。

でも分人であると考えたら、すっと心の荷が下りた気がしました。

人と関わらないで生きていくことは、現状不可能なので、この本を何度も読み返していきたいと思っています。

透明な迷宮 (新潮文庫)

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告