「本気の育毛日記」継続中!

【奨学金】学生ができる奨学金の返済を今からでもラクにする方法。

こんにちは、hiroです。

僕は大学在学中に、奨学金を8万円借りていました。

今回は、社会人の僕が、「学生のときに,奨学金返済のためにやっておけば良かったこと」を書きます。

 

返済に追われる恐怖

 

社会人になった今、毎月返済に追われています。

正直、かなり負担です。

家計を圧迫するどころか、将来がものすごく不安になります。

奨学金の返済がなければ、もっと・・・。

何度思ったことか。

 

「じゃあ借りるなよ」と言われれば、それまでですが。

社会人になった今だからこそ、大学時代にあぁしとけば良かったということが出てきます。

 

アルバイトで奨学金貯金を

 

大学時代、アルバイトをしますよね。

その際、少しの金額でもいいので、「奨学金貯金」として貯めていくことをすればよかったです。

 

学生にとってお金は必要で、手元のお金すべて使ってしまいたいと思うこともあるかもしれません。

けれど、将来絶対に、奨学金の返済は負担になります。

今からできることを、少しずつでもいいのでやっておくと後々楽になると思います。

 

どうしても散在したい年頃

 

アルバイトで稼いだお金を、どうしても使ってしまいそうであったら、親に預けるとか、奨学金専用の通帳を作ることをおすすめします。

毎月1万円貯金とまではいかないけれど、3千円とか、5千円といった金額でも、それで十分。

 

とにかく、学生時代から、こつこつと貯金を始めることが、将来的に苦労しなくてすむ道だと感じます。

 

不測の事態に備えて

 

社会人になったら、順風満帆に生活が送れるとは限りません。

病気をしたり、会社が倒産したり、いろいろあります。

 

僕自身が勤める会社も中小企業なので、今好調でも、来年は不況になり、そのまま倒産、ということにもなりかねません。

だからできることなら、早め早めに対策を練ることをおすすめします。

 

親の支援も必要

 

僕は親から仕送りを送って生活をしていました。

その仕送りの仕方を少しひねってみてはどうでしょうか。

 

例えば、毎月5万円の仕送りをしているのであれば、それを4万7千円にして、残りの3千円は、奨学金返済のための貯金に回す。

 

そもそもそんな余裕はないという人は別ですが、アルバイトをすれば、学生はなんとか生きていけます。

親も子も金銭管理を意識して、大学4年間を過ごせば、卒業後にらくになるでしょう。

 

僕の後悔

 

僕は学生時代、「奨学金があるから大丈夫」と思って生活してきました。

その後の返済についてはまるで考えず。

手元のお金を散在し、めんどく差からという理由で、外食で済ませることも多々。

 

一方、社会人の僕は、不測の事態に備えて、貯金に励んでいます。

さらに、食事は近くのスーパーで食材を購入し、たまに外食という生活です。

今の金銭感覚や管理能力を、学生のときの自分が身につけていたら、返済に苦しむことはなかったと思います。

 

とはいえ、学生に金銭感覚を身につけるのは、難しい話。

むしろ、お金を使っていくことで、養われていくものでもある。

 

では、どうするか

 

ひとつはやはり、親の協力だと思います。

何でもそうですが、一人の知恵では、たかがしれています。

他者の知恵に触れることで、自分が感化されることもある。

 

だからこそ、学生にとって、1番のお金の先生は、親。

親が何かしら対策と工夫を施す必要があるのではないかと思う次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です