【ネタバレあり・感想】綾辻行人・作「殺人鬼ー逆襲編-」を読んで。グロさの中にあるトリックを見破られるか。

こんにちは、hiroです。

今回は、綾辻行人さんの小説「殺人鬼ー逆襲編ー」を読んだ感想を書きます。

殺人鬼 ‐‐逆襲篇 (角川文庫)

この小説は、「殺人鬼ー覚醒編ー」の続編であり、おなじみの双葉山の殺人鬼が登場します。

とにかくグロいのですが、トリックがたくさん散りばめられているので、それを回収しながら読むとおもしろいと思います。

ちなみに僕は、グロさに負けてトリック回収どころではありませんでした。

あらすじ


双葉山の惨劇から3年、あの怪人が山から下りてきた。

道中で遭遇する人たちが無残に散る中、怪人は、とある病院にたどり着く。

そこで繰り広げられる壮絶な殺戮。

しかし、そんな怪人に立ち向かおうとするひとりの少年がいた。

その名は「真実哉(まみや)」

不思議な力を持った少年は、恐るべき怪人にひとりで立ち向かっていく。

感想


やっぱりグロい。

予想通りでした。

というか前作よりもパワーアップしていないかとも感じられる。

そんな鳥肌の立ちっぱなしの物語の主人公は、なんと少年である真実哉。

人の意識に入り込むことができる特殊能力を持っている真実哉。

父親が怪人に襲われると能力で察知し、病院へ向かう。

しかしすでに病院内は、いたるところで血の海になっていた。

普通ここまできたら、少年だったら足がすくんで動けなくなると思います。

けれど真実哉は怪人の魔の手が、今度は姉に及んでいると察知し、すくむ足を動かして、姉の元へと向かっていきます。

そして、少年と怪人の対峙。

怪人は今まで多くの大人を虫のように扱ってきました。

おそらくは真実哉も・・・。

そんな考えたくもない期待がわきつつ、怪人と真実哉の決闘が始まります。

予想に反し、真実哉が奮闘しているところが、安堵を覚えました。

勇敢に怪人に立ち向かう少年の勇気と心情は、大人の僕でも学ぶべきことがたくさんあります。

ラストが・・・


ついに少年に怪人の魔の手が及ぼうとしたとき・・・。

これ以降の話で散りばめられたトリックが回収され、真相が明らかになっていきます。

少年が助かったかどうかは別にして、まさかあの人がそうなるなんて・・・。

という結末です。

になる怪人の素性


またしても、怪人は謎のベールに包まれます。

いくら重傷を負っても死なないのはなぜなのか。

結局、謎のままで終わりました。

素性が知りたいという欲求はありましたが、ベールに包まれているからこそ、怪人の恐怖が僕にまとわりついているんだと思います。

トリックを楽しむためには


散りばめられたトリックを回収していくには、グロい描写に立ち向かう必要があります。

ちなみに僕は無理でした。

何度も読みかえすとなると、何度もグロい場面に出くわすことになるので・・・。

もう読みません。

というか読めません(笑)

その意味では、僕はこの小説に負かされた気がします。

それはそれで、悔しいですね。

殺人鬼 ‐‐逆襲篇 (角川文庫)

殺人鬼 ‐‐覚醒篇 (角川文庫)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告