「本気の育毛日記」継続中!

【ネタバレ感想】誉田哲也・作「増山超能力師事務所」の心理描写が好きです。

こんにちは。hiroです。

誉田哲也さんの小説「増山超能力師事務所」を読みました。

この作品は,ドラマ化,映画化されるほどの人気作です。

 

増山超能力師事務所 (文春文庫)

 

あらすじと感想とネタバレ

超能力を扱って、クライアントの依頼を解決していくという物語。

超能力というと、非科学的に思われますが、この小説はどこかリアリティがあります。

そのワケは、登場人物一人一人の心理的な描写にあると思います。

誉田哲也さんは、人の苦悩や感情を描くのが上手な作家さん。

本作品も、超能力という非科学的な手段を用いながらも、人の感情、心と対峙していく登場人物たちに共感しました。

 

登場人物の中で、ひときわ存在感があったのは、「明美(あけみ)」という人物。

明美は「真性半陰陽」という男性器と女性器を両方併せ持って生まれてきました。

そこからの彼女の葛藤と成長は見物です。

苦しい過去を経験しているからこそ、今を苦しんでいる人を救える事もあると思います。

ぜひ、続編で、明美の活躍を見てみたいものです。

 

事務所の所長である増山も、ミステリアスで大人の色気を醸し出す人物です。

自分一人で抱え込むクセがありますが、所員を信頼し、所員から信頼されている姿を見ると、男としてあこがれを感じます。

所長をはじめ、所員や依頼人のすべての登場人物が、超能力の存在する社会で、どう生きていくか。

今後が楽しみです。

やはり誉田哲也さんの小説はおもしろい。

本作品も、普通に楽しめて読めました。

 

増山超能力師事務所 (文春文庫)

 

 増山超能力師大戦争

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です