【継続力】ブログを続けるコツは,「牛歩の歩み」という習慣を身につけることだ。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

仕事終わりでブログを書くのは,

正直しんどいです。

油断するとすぐに,

「今日は書かなくてもいいかな…」

という妥協の悪魔がささやいてきます。

それでもなんとか書き続けるのは,

自分を成長させたいという気持ちがあるから。

自分を成長させるには,

知識や教養を身につけるだけではいけない。

それを発信することが,

成長を加速させます。

発信力を身につけて,

自己成長を促していこうと考えました。

そうはいっても,

疲労困憊の中での作業はしんどい。

まだブログは始めたてなので,

反響も全然ありません。

そうなると,

モチベーションが下がってきます。

モチベーションを上げようにも,

上げる材料がありません。

このままいくと,

「ブログを書くやめよっかな…」

という結末に至ってしまう。

何か打開策はないものか…。

そう考えていたら,ひとつだけ見つけました。

それは,将棋の羽生善治さんの著書,

「決断力」に書いてありました。

一つのことに打ち込んで続けるには,ペースを落としてでも続けることだ。

無理やり詰め込んだり,「絶対にやらなきゃ」というのではなく,一回,一回の集中力や速度,費やす時間などを落としても,毎日,少しずつ続けることが大切だ。

「決断力」羽生善治・著

ムリして途中でやめてしまうよりも,

ゆっくり,小さくてもいいから,

毎日続けることが大切。

羽生さんはこれを,

「牛歩の歩み」と表現していました。

たしかに,ブログは長く続けるものだから,

短期集中で頑張っても意味がない。

長く続けてこそ,

意味があり,成長できるものだと思います。

だからこそ,ブログを書きたなくても,

書くことをやめてはいけないのです。

1行でもいいし,

その日の備忘録でもいい。

とにかく,毎日,

書き続けることが大切です。

ひとつのことを大成させるには,

長い目で行動していく必要があります。

まさに「牛歩の歩み」のごとく,

どっしりと構えて打ち込もうと思いました。

今日の学び。

ひとつのことを打ち込むには,毎日コツコツと続けることが大切。

そのために,ペースや量を落としてもかまわない。

継続力という武器を身につけるために,ムリして途中で放棄するよりも,ゆったりとした歩みで,長く続けていこう。

「哲カフェ学びの達人」hiro

羽生善治さんは,

将棋の世界で様々な哲学を見出しています。

羽生さんの哲学は,

僕たちの日常にも役に立ちます。

自分を成長させたいと思う人は,

「羽生哲学」に触れることをおすすめします。

 決断力 (角川oneテーマ21)

迷いながら、強くなる (知的生きかた文庫)

 将棋から学んできたこと これからの道を歩く君へ (朝日文庫)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告