【実践知】プレゼン発表のコツ。すべては準備の段階で決まる。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

先日仕事で,

イベントがありました。

僕はそのイベント内の,

プレゼンを担当しました。

来られた方々に会社の紹介などを,

パワーポイントを使ってプレゼンする担当です。

今回,プレゼンを行うなかで,

痛感したことがあります。

それは,

事前の準備がいかに大切かということ。

「成功は準備が9割」といってもいいくらい,

準備や練習が大切だということを痛感しました。

かれこれ,イベントの3ヵ月前くらいから,

パワーポイントでどのようなプレゼンをするか,

という構想を練り始めました。

そしてスライドを完成させたら,プレゼン練習。

つまり,しゃべる練習を行いました。

僕はこのしゃべるのがものすごく苦手。

だから,「これでもか!」

というくらい練習に練習を重ねました。

でないと,本番で絶対に噛んだり,

言葉に詰まる自信がありました。

だからこそ,

滑らかにプレゼンができるように,

何回も何回も練習しました。

そのかいあってか,イベント本番では,

堂々としゃべることができたと思います。

僕のプレゼンを聴いていた会社の先輩に,

「プレゼン上手じゃん」

と言われて,とてもホッとしました。

しかしながら,

事前にしっかり練習したからできたのです。

もし,練習しないで本番を迎えていたら,

結果は全然違っていたと思います。

絶対に,

失敗していたという確信があります。

特にプレゼンの場合は,

「自分の言いたいことが言葉にできない」

ということがしばしば起こります。

だから練習の段階で,

何を言いたいのかをしっかり明らかにして,

それを言語化する必要があると思います。

あとは,

抑揚をつける必要もあります。

ただ原稿を棒読みするだけでは,

聴衆も飽きてしまいます。

なので,プレゼンの中で,

強調したいところを声を大きくしたり,

身振り手振りを使ったり,

聴衆を笑わせたり,

和ませたり,

などのアプローチが必要になります。

これらは全部,

プレゼンする内容を,

自分が全部把握していることが大切です。

始めから終わりまでを熟知しているから,

発表の仕方を工夫できるのだと思います。

だからまずは,

内容を熟知するために,

何度も発表の練習をすることが大切です。

ちなみに僕は,

原稿は作りません。

パワーポイントでスライドを作っているときに,

ブツブツつぶやきながら作っているので,

原稿を作らなくても,

言いたいことが頭に入るのです。

逆に原稿を作ってしまうと,

原稿どおりに言おうとして,

ド忘れしてしまうことがあります。

だから極力,

パワーポイントでスライドを作っている最中に,

何を言おうかを同時に考えているのです。

こうして周到な準備と練習を繰り返し,

ようやく本番を迎えることができます。

本番は最初はガチガチに緊張して,

口が回らないこともありますが。

それは経験の問題。

場数を踏めば,堂々と自然体でプレゼンできます。

もし場数を踏んでもプレゼンに不安が残る場合は,

それは練習不足が挙げられます。

不安であれば,とことん練習して,

内容を熟知すると良いと思います。

あと僕は,

笑顔の練習もしました。

プレゼンをしているときに,

同僚に映像を撮ってもらってたのですが,

それを見たとき,

あまりの自分の無表情さに驚きました。

これではいくら内容が良くても,

イベントに来ている聴衆には全く響きません。

だからこそ,

基本は口角を上げて話すことが大切です。

でも僕は,笑顔を作るのが苦手で,

鏡で笑顔の練習をしていても,

どうしても笑顔ではなく,

しかめっ面になってしまいました(笑)

でも本番に,目をカっと開いて,

口角を上げることによって,

プレゼンに明るさを出せたと思います。

あと,何回も本番を繰り返していくうちに,

わかったことがあります。

それは,回数を重ねるうちに,

自然とアドリブを入れられるようになったこと。

ただこれは,

基本がしっかりできているから,

アドリブを入れることができたと思います。

つまり,事前の練習で,

プレゼン内容を熟知されているからこそ,

本番で幅を利かすことができたのです。

練習なしで,

いきなりアドリブでしゃべるなんてことは,

プロ講師でない限り,まずできません。

アドリブを入れられるということは,

プレゼンに慣れてきた証拠だと思います。

アドリブを入れられるようになると,

プレゼンに自信もついてきます。

あと,パワーポイントの1枚のスライドの内容を,

様々な角度で表現することができるようになりました。

つまり,一つの内容に対して,

たくさんの言い回しができるようになったのです。

最初は自分の中で決めたセリフを,

一言一句,忠実に再現していました。

しかし場数を踏んでいくと,

「結論は変えずに,表現の仕方を変える」

ということができるようになります。

「言いたいことが言語化できない」

ということに悩んでいた僕。

ですが今では,

言いたいことを「多彩な言葉」で,

表現できるようになりました。

これもひとえに,

事前にしっかり「準備」をし,言葉がつまらないようにたくさん「練習」をし,本番という「場数」を幾度となく踏んだことによるものだと思います。

何事も,準備が9割。

あとは場数をふんで,腕を磨いていくのみ。

今日の学び。

プレゼンに限らず,何事にも周到な準備が大切である。

準備次第で,自分が成功するか失敗するかが決まるといっても過言ではない。

自身のなさや不安の表れは準備不足,練習不足によるものがある。

準備ができれば,後はどれだけ場数を踏むか。

場数を踏む中で,対象の技術が磨かれ,深みが出てくる。

それが自分にしかできない,オンリーワンの技術となっていくのではなかろうか。

「哲カフェ学びの達人」hiro

「何事も,準備が大事」

僕はこのことを,

スティーブ・ジョブズのプレゼンから学びました。

ジョブズはプレゼンがうまいと言われます。

新製品発表のプレゼンは聴衆を感動させ,

購買意欲を上げるほど,魅力的な発表です。

ですが,ジョブズのプレゼンは,

じつに用意周到なものだそうです。

何回も練習を繰り返し,

自分の体に落とし込んでいく姿は,

非常に参考になります。

やはり,準備が大事。

良い準備をするためにも,

「ジョブズのプレゼンの仕方を勉強する」

これ,かなり有効です。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

図解 スティーブ・ジョブズのプレゼン術

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション

シェアする

フォローする