【コーヒーと恋愛(獅子文六・作)】もしあなたが,元旦那に「よりを戻そう」と言われたらどうしますか?

コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)

本書の紹介

この小説はなんと,50年前に書かれたもの。

昭和を代表する作家,獅子文六の小説は,ユーモアに富んでいる。

軽快なリズムで刻む文章は,本嫌いな人でも気軽に読めるのではないか。

本書「コーヒーと恋愛」は,もとは「可否道」という題名で,約50年前に読売新聞で掲載されていたそうだ。

舞台は昭和30年代。

なのに古くささを感じさせない物語。

現代人が読んでも共感できる「主人公・モエ子」の心の叫び。

コーヒーを縁に広がるドタバタな人間模様。

ぜひ,コーヒーとともに味わってほしい1冊だ。

(※以下,ネタバレあります)

本書のあらすじ

主人公は,坂井モエ子(43歳)。

モエ子は,お茶の間から圧倒的な支持を持つ人気女優。

そんなモエ子は,コーヒーを淹れるのがうまい。

コーヒー愛好家のなかでも,一目置かれる存在である。

そんなモエ子には,塔ノ本勉(ベンちゃん)という夫がいる。

ベンちゃんは演劇に情熱を注ぎ,モエ子はそんなベンちゃんを応援していた。

しかしある時。

ベンちゃんを若手女優に奪われてしまう。

涙を流し,悲しみに暮れるモエ子。

モエ子はコーヒー愛好家のという男に相談するが…。

すべてはコーヒーを中心に回っている。

モエ子も,ベンちゃんも,それを取り巻く人々も。

はたして中年女性であるモエ子の恋愛はどうなってしまうのか…。

※以下,ネタバレ含みます。

モエ子の爆発

この小説の結末は,モエ子の爆発で締められる。

若手女優のもとへ去っていったベンちゃんが,「もう一度やり直してほしい」と,ぬけぬけとモエ子に言ったことが起爆剤となった。

「お黙り!イヤシンボ!」

昭和を感じさせる激怒で,モエ子はベンちゃんを子供を叱るように怒る。

なぜモエ子はやり直さなかったのか。

それはベンちゃんが,モエ子とやり直したいというよりも,モエ子が淹れたコーヒーに惚れていただけだったから。

モエ子自身を愛しているわけではないことに気づき,憤りを感じ,爆発に至った。

僕は小説を読む中で,男ってホントばか…って思った。

自分の都合だけで女性を振り回し,泣かせたのにかかわらず,よりを戻したいとしゃあしゃあと言ってしまう。

読んでいてモエ子を取り巻く男たちに嫌気がさしたが,最後の最後でモエ子が爆発してくれた。

そのおかげで読後感はスッキリ爽快(笑)。

「気分がイイとはこのことか」と思うくらい,すがすがしくなった。

まちがいなく,本作の見どころは,結末にみせるモエ子の爆発だろう。

恋愛の心得

モエ子は自分が愛されているわけではないと気づく。

自分ではなく,自分の淹れたコーヒーを求めて男どもが寄ってくる。

結局は,男の都合でモエ子は利用されようとしていたに過ぎない。

自分の愛する人を,自信を持って心の底から「愛している」と言えますか?

この小説は僕にそう問いかけているような気がした。

僕には彼女がいるが,けして僕の都合のいい彼女ではない…と思っている。

なぜなら彼女がそばにいない時でも,彼女のことを想っているから。

僕の心の中の,いわゆる精神的な存在として彼女はいる。

そばにいなくとも心でつながっている,それが愛ではなかろうか。

と,クサいこと言ってみたりして。

ともかく。

打算的な考えがある限り,恋愛は成就しないのかもしれない。

おわりに

今まで読んだ小説の中でも,上位に入るほどの読みやすさだと思いました。

そして,獅子文六のファンになりました。

作中に自分を登場させるなど,遊び心がおもしろい。

巻末にある付録「可否道を終えて」もおもしろいんです。

どんな心境でこの物語を書いていたのか,自虐的な解説がおもしろい。

獅子文六の人柄が垣間見れるので,ぜひ最後の付録まで読むことをおススメします。

コーヒーが縁で広がる人間模様を,あなたも堪能してみてください。

 コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)

シェアする

フォローする