「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

ライトノベル「この素晴らしい世界に祝福を!」で思わず吹き出して笑ってしまったエピソードベスト3

こんにちは、hiroです。

僕は普段、読書中に声を出して笑うということはありません。

あったとしても、せいぜいクスッと笑う程度です。

しかし、ライトノベル「この素晴らしい世界に祝福を!」は、思わず声を出して笑ってしまうほどの面白いシーンがたくさんありました。

 

この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

 

そこで今回は、「このすば」を読んで、声を出さずにはいられなかった爆笑エピソードをご紹介します。

※ネタバレあり

 

ライトノベル「このすば」の爆笑エピソードベスト3

第3位 ぶっころりー&そけっとの愛の茶番劇(5巻)

この素晴らしい世界に祝福を! 5 爆裂紅魔にレッツ&ゴー!! (角川スニーカー文庫)

 

魔王軍幹部シルビアが、紅魔の里を襲っていた時のシーン。

 

紅魔族たちに手を焼いていたシルビアは、一人一人仕留めていく戦法に切り替えました。

その標的となってしまったのが、そけっとという女性。

しかし、遠くにいたぶっころりーという男が、悲痛に叫びます。

 

「やっ、止めろシルビアーっ!頼む!その人には手を出すなっ!」

 

どうやらぶっころりーは、そけっとと恋愛関係にあるようです。

 

そけっとは、「あなただけでも逃げて」とニコッと笑いかけます。

 

「お願いぶっころりー。私のことは忘れて、あなただけでも幸せになって…」

 

そして、最後の切り札の魔法をシルビアに仕掛けると宣言しました。

シルビアもやってみろと言わんばかりに意気込み、そけっとに襲い掛かります。

しかし…。

 

『テレポート』

 

「って、逃げるんかいっ!」

僕は思わずツッコミながら笑ってしまいました。

 

あれだけ熱いやりとりをしていたのに。

シルビアも受けて立つ気満々だったのに。

 

そけっとの最後の切り札の魔法は『テレポート』で戦線離脱することだったとは。

茶番劇に肩透かしをくらったシルビアが、その後ブチ切れたのは言うまでもない話…。

 

第2位 コボルトに袋叩きにされるカズマ(6巻)

この素晴らしい世界に祝福を! 6 六花の王女 (角川スニーカー文庫)

 

王都での魔王軍との戦いの最中に、カズマが天に召されたシーン。

 

王都には強い冒険者たちがたくさんいるということで、負けることはないだろうと高をくくっていたカズマ。

アイリスが見守る中、「任せろ、お兄ちゃんがんばるからな」とテンションを上げていました。

 

アクアが、「私、なんだか嫌な予感がするの!」とフラグを立てた時点で、良からぬ事が起きることは確定的でした。

しかし、そこにカズマがさらにフラグを上塗りします。

 

「なーに、相手は数が頼りの雑魚ばかりだ。そろそろ、俺の本気を見せてやるさ!」

 

「おぉっ!」と貴族たちが目を輝かせる中、いざ、戦闘開始。

その直後。

 

「…どうも、お久しぶりですエリス様」

 

寸分狂わぬ予想通りのフラグ回収に、思わず笑ってしまいました。

 

カズマは殺されて、女神エリスの神殿に召されたという結末。

しかも、その死に方が、雑魚キャラの『コボルト』の群れに袋叩きにされたという…。

あまりにも情けないやられ方で、笑いが止まりませんでした。

「このすば」らしさを存分に味わえたエピソードでしたね。

 

第1位 日記調でつづられる魔王軍幹部セレナの悲惨な日々(15巻)

この素晴らしい世界に祝福を! 15 邪教シンドローム【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

 

これほどまでに敵キャラに同情したシーンはあっただろうか…。

 

魔王軍幹部セレナの能力で操り人形になってしまったカズマ。

しかし、操られているはずなのにセレナの言うことを聞かず、ワガママ放題をしていました。

 

そこでセレナは、カズマの心の内を把握するために、日記を書かせます。

しかし、『○月×日』から始まる日記の内容は、セレナの悲惨な日常が書かれていました。

 

(イラスト:かわいそうなキャラNO.1の魔王軍幹部セレナ)

  • セレナが官能小説の題材にされたり。
  • 悪魔バニルに因縁をつけられ、お金を巻き上げられたり。
  • 冒険者にパンツを見せてお金を借りていたり…。

 

カズマを操ってしまったがために起こる無慈悲な仕打ちに、同情しながらも思いっきり笑ってしまいました。

日記調につづられるセレナの悲壮感がとても面白かったです。

 

 

「このすば」を読んでいると、ストレスもネガティブな気分も吹っ飛びます。

個性豊かなキャラクターが毎回笑わせてくれますし、物語もおもしろいです。

まだ読んだことのないあなたは、ぜひ一度読んでみてください。

きっと、満足できますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です