「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

文句なしの傑作!「この素晴らしい世界に祝福を!17 この冒険者たちに祝福を!」【ラノベ・ネタバレ感想】

こんにちは、hiroです。

今回は、「この素晴らしい世界に祝福を!17 この冒険者たちに祝福を!」を読んだ感想です。

※ネタバレあり

 

この素晴らしい世界に祝福を!17 この冒険者たちに祝福を! (角川スニーカー文庫)

 

文句なしのおもしろさです。

ラスボス戦でのカズマ達の活躍には、ワクワクさせられました。

そしてまさか、「このすば」でウルっとさせられるとは思いませんでした。

 

物語の簡単なあらすじ

いざ、魔王の城へ乗り込んだカズマ、めぐみん、ダクネス。

無事にアクアと合流を果たし、ついに魔王との最終決戦に挑む。

魔王と側近の強さに苦戦するカズマ達だったが、女神エリスの助力を得て、なんとか巻き返しを図る。

 

そして、カズマは一人で魔王と対峙する。

はたして、勝負の行方は!?

最終巻の見どころポイント

カズマとアクアのドタバタ劇再び

カズマもアクアも、お互いのいない冒険につまらなさを感じていました。

しかし、今回の魔王戦でお互いがお互いを必要としていることがよくわかりました。

 

「ねぇカズマ、どうしてかしら。いつもと同じピンチなのに、褒められる状況じゃないはずなのに、何だかとっても楽しいの!」

「ちくしょう、俺もだ!何これ悔しい、でもなぜかいつもの感じでホッとする!」

 

 

相変わらず、カズマはアクアのポンコツっぷりに振り回されていましたが、二人の嬉々とした様子にすごく安心感がありました。

読んでいる僕自身も、カズマやアクアと一緒の気分になれた気がします。

 

いざ、魔王戦

魔王戦は、本当にドキドキしましたね。

ダクネスがドアを蹴破り、部屋に突入した瞬間に魔王軍が集中攻撃を仕掛けたり。

ゆんゆんが開幕からいきなり「インフェルノ」という強烈な一撃を放ったり。

ミツルギの剣撃が響いたり。

「ちゃんと冒険者してるじゃん!」と興奮しましたよ。

 

しかし、やはり魔王戦は一筋縄ではいきませんね。

まさかここで、一度カズマが殺されるとは思いませんでした。

いつものように、おっちょこちょいで死んだのではなく、ちゃんと戦っての戦死というのが、最終決戦っぽくて良かったです。

 

カズマVS魔王

女神エリスの支援魔法と助言を携えて生き返ったカズマは、「魔王との一騎打ち」に挑みます。

この戦いの模様が、とてもワクワクするものでした。

力の差がありすぎる魔王に対して、カズマが必死に応戦し、次第に優勢にしていきます。

しかし、また魔王に圧倒的な力を見せつけられ劣勢に立たされます。

この一進一退の攻防は、かなり読みごたえがありました。

 

そして最終局面、僕の中でカズマの評価が爆上がり増しました。

魔王を倒すために、自分を犠牲にすると腹に決めたからです。

そして、そのための最後の手段として選択したのが、めぐみんの愛する爆裂魔法を残ったスキルポイントで習得し、放つことでした。

上級魔法を操れないカズマがなぜ爆裂魔法を操れるのかと驚く魔王に、カズマが言ったセリフが胸にしみました。

 

「この魔法が大好きな子がいてさ。俺の隣で毎日欠かさずこれをぶっ放しまくっていたんだよ。

その日課にずっと付き合わされ続けてきたお陰で、俺でも習得が可能なくらいに、この魔法の詠唱も仕草も完全に丸暗記しちゃったよ」

 

仲間とともに過ごしてきた時間が、何よりもの切り札となった瞬間がとても美しく思えました。

本編では語られませんでしたが、もしめぐみんが、カズマが爆裂魔法で魔王を倒したと知ったら、大喜びするのではないでしょうか。

 

最終的に、魔王を倒すとともに自分も死んでしまったカズマですが、まさかその後の展開にウルっとなるとは思いませんでした。

 

アクアの涙

いつもなら、カズマが死んでも、そばにいるアクアがすぐに蘇生して生き返らせていました。

しかし今回は、カズマのそばにアクアがいなかったため、蘇生できませんでした。

つまり、カズマは二度と生き返ることができなくなったということ。

 

死んだカズマの前に現れたアクアが、ボロボロと涙を流しながら死後の案内をする姿に感動しました。

いつもはおちゃらけたアクアが本気で号泣しているのには、本当に胸が締め付けられました。

なんだかんだでカズマのことを大切に想っていたのがよくわかったシーンだったと思います。

 

エピローグ

「このすば」の最後の章が、女神エリス視点で書かれていたのが、とても乙な感じがして良いと思いました。

この世界の管理者であるエリスが、主人公カズマを今後も温かく見守っていく様子がよく伝わってきました。

そしてそれは、読者である僕自身も同じ気持ちです。

もしかしたら『エピローグ』は、エリス視点でもあり読者視点でもあるのかもしれませんね。

 

今作で最終巻ということですが、まだまだ回収しきれていない伏線があります。

作者曰く、後日談を書くかもしれないとのことなので、気長に待ちたいと思います。

 

この作品に出会えて本当に良かった!

ありがとう、「このすば」!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この素晴らしい世界に祝福を!17 この冒険者たちに祝福を! (角川スニーカー文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です