「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

正直、物足りなさを感じた「この素晴らしい世界に祝福を!14 紅魔の試練」【ラノベ・ネタバレ感想】

こんにちは、hiroです。

今回は、「この素晴らしい世界に祝福を!14 紅魔の試練」を読んだ感想です。※ネタバレあり

 

この素晴らしい世界に祝福を! 14 紅魔の試練【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

 

今作は、頭のおかしい紅魔族をたくさん堪能できます。

さらに、ようやく物語がクライマックスに向けて動き出しました。

 

物語の簡単なあらすじ

ゆんゆんは、カズマに「紅魔族族長になるための試練」を一緒に受けてほしいと依頼をした。

そして見事試練を乗り越え、次期族長の座を手に入れる。

一方、ライバルであるめぐみんは、「爆殺魔人もぐにんにん」というモンスターと対峙し、見事撃破する。

ゆんゆんとめぐみんのライバル対決は、ひとまず終結を迎えるのであった。

今作の見どころポイント

ゆんゆんが挑む「紅魔の試練」

最終試練のとき、いつぞやのしゃべる鎧アイギスと共闘してモンスターを倒す場面がおもしろかったです。

まさかここで、アイギスが再登場するとは思いませんでした。

しかも、ゆんゆんとの組み合わせは全く予想できませんでした。

アイギスは魔法を無力化してしまうので、ゆんゆんとの相性は最悪です。

それでもなんとか試練を突破でき、見事次期族長の座をつかんだゆんゆんにはあっぱれをあげたいですね。

 

今作はゆんゆん回になるかと思いましたが、めぐみん回と言ってしまってもいいと思います。

相変わらずカズマとめぐみんがイチャイチャしていましたが、若干しつこさがあり、「もういいよー」と思ってしまいました。

なんだか恋愛要素が強めに出てしまい、戦闘描写の魅力が小さくなっている感じは否めませんでした。

 

新たなる魔王軍幹部登場

今作の最終章において、ようやく物語が動き始めました。

紅魔の里から帰ってきたカズマ達の前に現れた、セレナと名乗るプリースト。

カズマのパーティに入りたいと言い出した彼女は、じつは魔王軍の幹部であることが判明しました。

セレナはなぜカズマに接近したのか?

その謎が次巻で明らかになりそうです。

 

今作は、やや物足りない印象を受けたので、物語が動き出す次巻に期待したいところですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この素晴らしい世界に祝福を! 14 紅魔の試練【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です