「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

【ネタバレ感想】国境事変(誉田哲也:作)を読んで「知らない恐怖」を感じた

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説「国境事変」を読んだ感想です。

 

国境事変 (中公文庫)

 

個人的に、この本はかなり勉強になりました。

 

「国境事変」簡単なあらすじ

捜査一課の東警部補は、新宿で起こった在日朝鮮人にまつわる事件を調べていくうちに公安へと臭いを嗅ぎつけた。

秘匿事項の多い公安が事件に関わっていることに不吉な予感を感じる東。

一方公安も、敵に回すと厄介な男である東警部補に目を付けられ警戒していた。

やがて両者が交わるとき、そこにはとてつもない陰謀が隠されていた!

勉強になる

この小説は、在日朝鮮人や核が題材となっていますが、それ以上に勉強になったことがあります。

それは、「情報の裏を読み取る重要さ」です。

物語の展開では、北朝鮮関連の事件だと思っていました。

しかし、ラストで犯人が語った事件の陰謀を読んだとき、ゾッとしました。

北朝鮮だけでなく、アメリカや中国も巻き込む算段があったことが判明したのです。

 

ここで学んだのは、「情報を知らないということは非常に恐ろしい」ということです。

表面上の情報だけでは足りません。

しっかり裏まで読み解くことで、一つの情報の真の姿が現れるのだと思います。

その真の情報を知らないと、気づかないうちに不利益を被っていることもあります。

「情報弱者」は、このご時世、多くのリスクを気づかないうちに負わされていると思うと恐ろしいですね。

 

今後は、自分の中でしっかりとアンテナを張り、あらゆる情報を網羅できるように心の準備をしておかないといけないと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

国境事変 (中公文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です