「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

誉田哲也:作「妖の掟」を読んで時を超えた美しさを体感しよう【後半ネタバレ】

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説、「妖の掟」をご紹介します。

 

妖の掟 (文春e-book)

 

この小説は、10年前に文庫として出版された「妖の華」の過去編。

最強のヒロインとその相棒の、数奇な物語です。

 

「妖の掟」の簡単なあらすじ

妖艶な美女の「紅鈴(べにすず)」と、その相棒の「欣治(きんじ)

2人は、情報屋の「辰巳圭一(たつみけいいち)」のアパートで共同生活をしていた。

 

紅鈴と欣治の寝床は、なんと押し入れの中。(まるで、ドラ〇もんのような…)

でもそれには理由があった…。

 

紅鈴と欣治には、圭一に隠していることがあった。

その隠し事が世の中を混乱に導き、人を死へと追いやることになる…。

おすすめの読み方

妖(あやかし)の華 (文春文庫)

 

小説の出版自体は「妖の華」のほうが早いです。

けれど、個人的には、過去編である「妖の掟」を読んでから「妖の華」を読むのが、物語の深みを味わえると思います。

「妖の掟」の見どころ

紅鈴と欣治の、人に知られてはいけない凶暴な隠し事。

そこに第3者の圭一が介入することで起こる化学反応。

物語の後半からの怒涛の展開は圧巻です。

そして、まさか最終的にこんな結末になろうとは…。

 

ハラハラドキドキというよりは、ずしんずしんとダークな物語が進んでいく感じです。

(※ただし、「妖の華」を先に読んでいると、物語の展開がわかってしまうので注意!)

ネタバレ感想

ここからはネタバレ感想になります。

まだ読んでいないあなたは、ここまで。

ぜひ、自分の目で紅鈴と欣治の運命を見届けてやってください。

 

妖の掟 (文春e-book)

紅鈴と欣治の絆

物語を読んで強く感じたこと。

それは、「紅鈴の欣治に対する愛情の深さ」です。

欣治と一緒にいる紅鈴は、本当に楽しそうです。

僕は、「あぁ、幸せそうだなぁ」と感じながら物語を読んでいました。

 

どこか自由奔放な感じがする紅鈴ですが、欣治がいるからこそできる立ち振る舞い。

お互いがお互いを理解し、尊重する姿には、「美しい」という言葉がピッタリだと思います。

僕が一番心に刺さったシーン

それは、紅鈴が死んでしまった欣治の「土」を口にする場面。

吸血鬼は、死んでしまうと土となって崩れてしまいます。

 

紅鈴は、欣治の亡骸(土)を集め、まるで遺灰のように大切に保管していました。

しかし、欣治を失った寂しさから、その土を何度も口に運びます。

紅鈴のぽっかりと空いた心を、欣治の土で埋めているような感じがしました。

 

200年の時を一緒に過ごしてきた二人の絆の深さは、たかだか30年しか生きていない僕の想像では計り知れません。

それでも、紅鈴が欣治をこよなく愛していたことを強く感じさせられるシーンでした。

いざ、「妖の華」へ

欣治を失い、紅鈴はこれからどう生きていくかを模索していた。

そこで偶然、「ヨシキ」というだらしのない男に出会う。

どこか欣治に似ているヨシキに興味を抱く紅鈴。

しかし、お互いに接点が生まれていた裏で、身も震えるような事件が起きていた。

ここから、「妖の華」の物語は進んでいく…。

続きは、あなた自身の目で確かめてみてください。

 

妖(あやかし)の華 (文春文庫)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

妖の華を読んだネタバレ感想はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です