「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

今作は不気味でおぞましすぎる!「ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻(佐藤青南:作)」

こんにちは、hiroです。

今回は、佐藤青南さんの小説、「ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻」をご紹介します。

 

ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

今作は鳥肌の立つ、おぞましさを感じました。

 

「ツインソウル」の簡単なあらすじ

行動心理学で相手のウソを見抜く、自供率100%の美人刑事、「楯岡絵麻」

そんな絵麻のもとに次々と舞い込んでくる事件。

 

人気動画投稿者殺害事件。

ホームヘルパー殺害事件。

通り魔事件。

 

その中でも通り魔事件は、絵麻の心をかき乱す人物が現れた…。

はたして、行動心理学を駆使する絵麻の心を乱すことのできる人間とは、だれなのか!?

第1作目の犯人登場…

エンマ様シリーズの第1作目である「サイレント・ヴォイス」

今作の「ツインソウル」は、その時の事件で捕まった犯人が登場しました。

 

いつどこで登場するかは、ネタバレになるので言えません。

というか、登場すると言っている時点でネタバレかもしれませんが…。

 

その犯人は、1作目でもおぞましい殺人犯でしたが、今回は、殺人を犯していないのに、鳥肌が立つほどのおぞましさを感じました。

自分が別に手を下しているわけではないのに、恐怖を感じさせることができるのは、相当の人物だということがうかがえます。

 

おそらく、次回以降のエンマ様シリーズで登場することは、間違いないようです。

新しいキャラクターが登場!

今までのエンマ様シリーズの登場人物。

「楯岡絵麻」と、相棒の「西野」

絵麻を目の敵にする刑事の「筒井」と、相棒の「綿貫」

この4人が主な登場人物でした。

それに加えて、絵麻の元恋人の「塚本」もちょいちょい出てきます。

 

今回は、まったく新しいキャラクターが出てきました。

とはいっても、事件にかかわるわけではなく、今回は、あくまで「登場」という感じでした。

この何事もない登場に、ものすごく違和感があります。

僕の推理では、今後の作品でそのキャラクターが活発になるのではないかと考えています。

それも、悪い意味で…。

 

僕の推理は、ことごとく外れます。

なので、あまり期待することなく、次回作も読んでいきたいと思います。

次回作はいつ発売されるかわかりませんが、楽しみに待っています。

エンマ様シリーズをぜひ読もう!

エンマ様シリーズは今作で、8作目です。

取り調べの仕方が特異的だったり、因縁の相手との心理バトルが白熱したり…。

読みごたえがありますし、行動心理学という分野の勉強にもなります。

むしろ、エンマ様シリーズを読むだけで、行動心理学を結構学ぶことができるのではないだろうか。

 

認知的不協和。

なだめ行動。

マイクロジェスチャー。

etc…。

 

小難しい心理学用語が、わかりやすく説明されています。

心理学に興味があるという人にとっては、ある意味、入門書になっていると思います。

 

シリーズものとしても楽しめる、刑事物語。

まだ読んだことのないあなたは、ぜひ一度読んでみてください。

行動心理学でどのように事件を解決していくのか、見ものですよ。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です