「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

【初心者向け】アンチエイリアスとは線のギザギザをなめらかにする機能【デジタルイラストの使い方】

こんにちはhiroです

今回は、「アンチエイリアス」という機能をご紹介します。

使用ソフトは、「クリップスタジオペイントプロ」です。

 

CLIP STUDIO PAINT PRO

 

アンチエイリアスとは

 

  • ギザギザな線を、滑らかにしてくれる機能のこと。

 

例えば、「丸ペン」の場合で説明します。

機能の詳細にアンチエイリアスという項目があります。

 

「見当たらないんだけど…」

という人は、動画を参照してください。

 

 

 

 

まず、丸ペンのアンチエリアスを「無し」にして直線を引いてみます。

すると、線がギザギザしています。

 

 

逆に、アンチエイリアスを強くしてみます。

すると、滑らかな線になっています。

 

 

もし、自分の絵がちょっとギザギザだなーって感じたときは、アンチエイリアスがかかってない可能性があります。

 

「ギザギザな線を滑らかに直したい!」

 

そんなときは、「スムージング」という機能を使いましょう。

スムージングのある場所は、「フィルタ」というタブの「ぼかし」の中にあります。

 

 

 

「スムージング」をタップすると線が滑らかになります。

 

 

このように、気づかずにアンチエイリアスなしで描いてしまっても、後から修正できるということですね。

 

 

ただし!

これは、「ラスターレイヤー」の場合です。

 

線画を描く場合、ベクターレイヤーを使う人もいます。

(※ラスターレイヤーとベクターレイヤーの違いを知りたい方はこちらを参考にしてください)

 

ベクターレイヤーは、フィルタ機能のスムージングを使うことはできません。

 

 

では、どのようにして「アンチエイリアスなし」で描いてしまったギザギザな線を、滑らかな線にすることができるのか。

 

僕のアンチエリアスなしで描いたギザギザな線の修正方法

僕のやり方の結論

  • ベクターレイヤーをラスターレイヤーに変換してしまいえばいい

 

ベクターレイヤーを選択した状態で、マウスで右クリックをすると、「ラスタライズ」という項目が出てきます。

 

 

ラスタライズを選択すれば、ベクターレイヤーをラスターレイヤーに変換することができます。

 

結果、ベクターレイヤーをラスターレイヤーに変換したので、スムージング機能が使えるようになります。

 

塗りつぶしツールのアンチエイリアス

 

塗りつぶしツールにも、アンチエイリアスがあります。

 

アンチエイリアスを「無し」にすると、塗りつぶしたときの輪郭部分がギザギザになってしまいます。

逆に、「あり」にすれば、塗りつぶした輪郭がなめらかになります。

 

ペンツールのときと同じく、アンチエイリアスをかけ忘れて、後でギザギザになった輪郭をスムーズにしたいときは、フィルターの「スムージング」を使えば大丈夫です。

 

(※ちなみにベクターレイヤーでは、そもそも塗りつぶしツールが使えません)

アンチエイリアスのまとめ

アンチエイリアスとは

  • ギザギザな線を滑らかにする機能のこと。

 

アンチエイリアス無し

  • 線がギザギザになる。

 

アンチエイリアスあり

  • 線がスムーズになる

 

  • 塗りつぶしツールにもアンチエイリアスがある

 

ギザギザな線を後でスムーズにしたい場合

ラスターレイヤーの場合、フィルター機能の「スムージング」を使えば、ギザギザな線を滑らかな線に変換できる。

 

ベクターレイヤーではフィルター機能が使えないが、ラスターレイヤーに変換すればスムージングをすることができる。

 

 

この記事が、あなたのデジタルイラストの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

クリスタの便利な機能についてはこちらをご覧ください。

 

CLIP STUDIO PAINT PRO

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です