「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

【ネタバレ感想】誉田哲也・作「ボーダレス」を読んで「ご縁」は不思議だなぁと思いました

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説「ボーダレス」を読んだ感想を書きます。

 

ボーダレス

 

人と人とをつなげる「ご縁」って不思議だなぁと感じました。

 

ボーダレスの簡単なあらすじ

危険な男から森に逃げ込む姉妹。

教室の片隅で小説を書く高校生。

喫茶店で働く女性。

謎の美女。

さまざまな人物が織りなす物語が一つにつながったとき。

そこには、最悪の事態が待ち受けていた…。

つながりのない登場人物たち

この物語は、様々な登場人物の視点から描かれています。

危険な男から追われ、森に逃げ込む姉妹の視点からは、緊迫感がありました。

一方、小説を書く高校生や喫茶店で働く家族の視点は、ほのぼのとしていました。

そして、謎の美女と病弱で家に閉じこもりきりの女の子の禁断の恋は、ハラハラさせられました。

 

全くつながりもなく、共通点もない人物たちが、最後の最後で一つの場所に集まります。

まるで点と点が結ばれるような感じです。

ご縁って不思議だなぁ

「たまたま男に出くわしただけ」

「たまたま車でそこを通っただけ」

「たまたまそこで働いていただけ」

それだけで、人と人は交わり合っていく…。

不思議です。

 

点と点が結ばれて一つの線となるように、人と人とがつながって一つの物語が作られていくのは、とても興味深いですね。

世の中、ご縁だらけ

今、自分に関わりのある人たちも、すべて「ご縁」と言えるのではないだろうか。

学生時代の友達。

職場の同僚。

恋人。

今まで出会ってきた人、今付き合いのある人すべて、ご縁があって出会ったのだと思います。

 

逆も考えられます。

よく、婚約解消になったり、彼女にフラれたら、「今回は、ご縁がなかったんだよ」と言われます。

ということは、出会っても離れてしまえば、それはご縁ではなかったということなのだろうか。

ということは、出会うだけではご縁は成立しない…のだろうか。

 

…。

 

ご縁って奥が深いですね。

 

哲学的で小難しい感じもします。

 

ですが、できればこれから出会う人との縁が、「良縁でありますように」と願いたいですね。

 

以上、小説「ボーダレス」で、ご縁の不思議に触れたというお話でした。

詳しい物語の内容は、ぜひ小説を読んでみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ボーダレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です