「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

小説「武士道ジェネレーション」は読後の爽快感が病みつきなる

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説「武士道ジェネレーション」を読んだ感想です。

 

武士道ジェネレーション (文春文庫)

 

大人になった早苗と香織の心の成長。

武士道シリーズをすべて読んだからこそ、感慨深いものがありました。

 

武士道ジェネレーションのあらすじ

剣道を通して出会った、早苗香織

大学を卒業した早苗は結婚し、香織は桐谷道場の後継者になろうと奮闘する。

 

香織は早苗の助けを借りながら、必死で道場を守ろうとしていた。

早苗も香織の覚悟に不安を抱きながらも、懸命にサポートしていた。

 

早苗と香織。

中学時代に出会った二人が大人になった今、自分のなすべきことに全力で取り組んでいく。

感動の嵐を巻き起こす、剣道青春小説、ここにあり。

武士道シリーズを読んでいないあなたへ

青春スポーツ小説の傑作だと思います。

登場人物の心情がヒシヒシと伝わってきますし、剣道を全然知らない人でも、楽しめます。

乾いた心を潤してくれる、美しい青春物語でした。

 

これまでのシリーズの簡単なあらすじ

第1弾「武士道シックスティーン」

武士道シックスティーン (文春文庫)

 

全中準優勝の香織が、市民大会で全くの無名の早苗に負けてしまう。

ふたりは同じ高校に進学し、敵意を丸出しにする香織だが、早苗はどこか抜けている感じ。

ここから二人の剣道を通しての青春が始まる。

 

第2弾「武士道セブンティーン」

武士道セブンティーン (文春文庫)

 

剣道を通して、成長していく香織と早苗。

そんな中、早苗は、父親の転勤で福岡の強豪校である「福岡南」に転校する。

しかし、そこで目の当たりにした剣道に戸惑い、苦しんでいた。

一方、香織は後輩の指導に精を出し、自分自身の目指す剣道をさらに磨いていた。

悩める早苗に、香織がどう接するのかが見物。

 

第3弾「武士道エイティーン」

武士道エイティーン (文春文庫)

 

ついに早苗と香織が全国の舞台で闘うことに。

迷い、悩み、苦しみながらも、剣道を通して成長してきた二人。

その二人が最高の舞台で竹刀を交えるシーンは、感動せずにはいられない。

 

感動し、涙する物語

心理描写がすごく良くて、自分の心にスッと落とし込まれる感じがします。

中学生から大人になるまでの早苗と香織の成長物語。

絶対、一読の価値ありです。

まだ読んでいないあなたは、ぜひ一度、青春スポーツ小説の感動を味わってみてください。

大人でも高校生でも、どの世代の人でも楽しめる作品です。

武士道ジェネレーションの感想(ネタバレあり)

一番印象に残ったシーンは、香織が桐谷道場を決死の覚悟で守ろうとする場面です。

 

病気を機に、自分の代で道場を閉めるという桐谷玄明師範。

しかし、香織をはじめ、門下生は納得がいかなかった。

 

香織は、自分が道場を引き継ぐ決意をし、剣道ではないある修練に励むことになる。

その修練は危険極まりないもので、体中がアザだらけになってしまうほど。

それでも、道場を守るためにあきらめない香織。

 

そして、道場を引き継げるかどうかの最終試験といわんばかりの試合。

相手はアメリカ人のジェフ。

彼は「悪魔の犬」の異名を持つ、アメリカ海兵隊の元隊員だった。

試合形式は無規則試合、いわゆるノールールマッチ。

剣道だけでなく、どんな技を仕掛けてもいいという試合。

殴る、蹴る、何でもあり。

いったいどうなってしまうのだろうと、読みながら不安に駆られました。

 

いざ試合開始。

自分の心拍数が上がるくらいハラハラドキドキさせられました。

スピード感があり、間合いもある。

緩急鋭い試合展開は本当に圧巻でした。

 

試合は香織の勝ち。

最後のジェフの降参する姿勢が美しかったです。

相手を尊敬しているからこそできる終わり方だったと思います。

あぁ、終わってしまった…

最後の最後まで、早苗と香織のやり取りがおもしろかったです。

そして、道場の未来が明るく照らされるような終わり方でした。

 

読後は、爽快感MAX。

それと同時に、「終わってしまった…」という寂しさ。

「武士道シックスティーン」から「武士道ジェネレーション」までの、早苗と香織の心が成長していく様相は、本当に美しいものでした。

悩みながらも必死に答えを見出そうとする姿に感動し、二人の友情を超えた信頼関係に尊敬しました。

 

青春スポーツ小説の印象は、もっとライトな感じだと思ったのですが、見事に良い意味で裏切られました。

こんなに心のこもった小説を、僕は何度でも読み返したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

武士道ジェネレーション (文春文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です