「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

iPhone11のガラス保護フィルムを貼るときに気泡ができる原因と対処法

こんにちは、hiroです。

この度、iPhone11に新調しました。

それに伴い、ガラス保護フィルムを自分で貼ります。

今回は、貼ってみてわかった「フィルム貼りの難しさ」をシェアします。

 

iPhone11のガラス保護フィルムは慎重に貼ろう

OAproda iPhone 11 / iPhone XR ガラスフィルム 全面保護 強化ガラス【ガイド枠付き/ケースに干渉しない】アイフォン 11 / XR (6.1インチ) 用 フィルム

 

僕が買ったフィルムは、上の商品。

安くて、評価が高かったのが決め手。

 

初めてガラスフィルムを触ってみましたが、予想以上に硬かったです。

これならしっかりiPhone11を保護してくれそうな感じがしました。

 

ガラス保護フィルムを貼ってみた感想

付属品として、「ガイド枠」というものがついてきます。

なので、はみ出さずに確実に貼れました。

 

それでも、何度も貼りなおしました。

どうしても、気泡ができてしまうのです。

 

気泡ができてしまう原因は、うまく貼れないというよりも、ほこりが画面についていたからです。

わずかなほこりですら、気泡として大きく目立ってしまいます。

なので、画面をしっかりふき取り、再度貼りなおします。

それでも、手やフィルム自体にほこりがついていたりしました。

 

ここで学んだのは、ほこりがない状況下でフィルムを貼ることが大切だということ。

あらかじめ、手を洗ったり、机の上をふいたりなどの工夫が必要でした。

 

ゆっくり慎重に貼ろう

一応、失敗しても貼り直せます。

ただし、全面に貼ってしまうと、はがすのが大変です。

下手すると、はがしているときに、バキッとフィルムが割れてしまうかもしれません。

コツは、一気にすべてを貼るのではなく、ゆっくり貼っていき、気泡が入ったなと思ったら、一度そこの部分を貼りなおすこと。

そうすると、全面に貼り終えたときに気泡がなくなります。

 

結局僕は、何回も貼りなおしました。

それでも、ガイド枠のおかげできれいに貼ることができたので満足です。

 

もしあなたが、これからスマホの保護フィルムを貼ろうというのであれば、まずは、ほこりのない環境づくりをおすすめします。

そして、ゆっくり慎重に貼っていき、気泡が入ってもあせらず、いったんはがして再度貼るという作業を繰り返していきましょう。

 

この記事があなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です