「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

【引っ越し】運転免許証を警察署で住所変更手続きをしたら意外なことが判明した

こんにちは、hiroです。

今回は、僕の引っ越し体験談。

運転免許証の住所変更手続きの仕方をシェアします。

警察署に行ったら意外なことが判明しました。

 

警察署で運転免許証申請

僕は、引っ越し先管轄の警察署で、運転免許証の住所変更手続きをしました。

持ち物は以下の通り。

  • 運転免許証
  • 住民票

ハンコを使ったかどうか忘れましたが、一応念のため持っておいたほうがいいでしょう。

 

申請の流れは以下の通り。

  1. 受付窓口で、住所変更手続きをしたいと事務員に伝えます。
  2. 住民票を渡します。
  3. 必要書類に記入します。
  4. 記載に不備がないか確認されてオッケーなら完了です。

 

これだけのステップでした。

意外だったのは、住民票を渡して手続きしたら、返してくれました。

住民票は、1枚300円(僕の地域)かかるので、返してくれるのは助かります。

引っ越しすると、他の手続きで住民票が必要となる場合がありますからね。

 

新しく免許証を発行することもありませんでした。

今までの免許証の裏に新しい住所が記載されている程度です。

だから、証明写真もいりません。

費用もかかりませんでした。

とても簡単ですね。

 

車関係の引っ越し手続きは、結構めんどくさいです。

  • 免許証
  • 車検証
  • 自動車税
  • 車庫証明

これらすべてに変更を加えなければならないのは、骨が折れます。

 

けれど、意外なことが判明しました。

警察署では、車庫証明も申請できます。

しかし、僕が免許証と同じく申請しようとしたら、「必要ありません」と言われました。

ちなみに、僕は軽自動車です。

 

「えっ?」と思い、「なぜいらないのですか?」と聞いてみました。

そうしたら、驚くべき回答が返ってきました。

「軽自動車はゆるいので、大丈夫です。普通自動車なら手続きしなければなりませんけどね」

僕「???」

「ゆるい?そんなんでいいの…?」とあっけにとられました。

まぁ、警察署の人がいいって言うのだから、いいとしましょう。

余計な手続きの手間が省けてこちらは助かりますからね。

 

もし万が一、「車庫証明がないじゃないか!」と誰かに言われたら、「警察の人がいらないって言ってました」と胸を張って言おうと思います。

 

とりあえず、運転免許証と車庫証明はクリア。

残りは、車検証と自動車税の変更手続き。

それはまた、別の記事で。

 

この記事があなたの引っ越しの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

損をしない引っ越しの仕方はこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です