「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

【引っ越し】意外と忘れがち!市外・県外へ引っ越すときは「転出届」を忘れずに!

こんにちは、hiroです。

独身一人暮らしである僕の「引っ越し体験談」。

今回は、「転出届」についてお話します。

 

引っ越しで忘れがちなのが転出届

県外、市外へ引っ越すときは、「転出届」が必要です。

よく聞く、「転居届」とは違ったものです。

「転入届」なんてものもあります。

 

なんだかごちゃごちゃしますね。

まとめてみます。

 

  • 転出届→市外、県外へ引っ越すときに必要
  • 転居届→同じ市内に引っ越すときに必要
  • 転入届→他の市区町村から引っ越してきたときに必要

 

僕は、今回の引っ越しで、市外へ引っ越しました。

最初は、転居届を出すものだと思っていましたが、色々調べてみたら、転居届ではなく、転出届を出す必要があるとわかりました。

引っ越しギリギリに知ったので、焦りました。

運良くも平日だったため、すぐに役所に行って、転出届の手続きをしました。

その際、引っ越し先の住所と身分証が必要でした。

転出届の手続きは、担当してくれる人の誘導に従えばオッケーです。

 

そして、この転出届を引っ越し先の役所に提出します。

提出する期限は、引っ越し後14日以内です。

 

引っ越し先の役所では、転入手続きをしました。

これもいたって簡単で、書類に必要事項を記入するだけ。

途中、本籍がどこかわかりませんでしたが、担当者が調べてくれました。

役所での手続きは、転出、転入ともに簡単に終わりました。

 

今回学んだのは、市外、県外に引っ越すときは、事前に「転出届」を準備する必要があるということです。

引っ越しは、いろんなものを解約し、いろんなものを契約します。

その中で、役所関係の書類を忘れると厄介です。

基本、役所は平日しかやっていないので、仕事をしている人にとっては、かなり焦ります。

もちろん、夜間にやっているところもありますが、できれば余裕をもって準備をしていくと良いでしょう。

 

この記事があなたの引っ越しの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

損をしない引っ越しの仕方はこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です