「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

あなたはあなたの命令で生きている

こんにちは、hiroです。

突然ですが。

  • 自分のことが好きですか?
  • 自分の短所に心を奪われていませんか?

 

「思考は現実化する」という言葉があるように、自分の心の内に思ったことは、自分の外側の世界に影響を及ぼします。

今回は、自分の在り方について考えてみようと思います。

 

あなたはあなたの命令に従う

新・完訳 成功哲学

 

私の自我は、私がコントロールしている。

荒れもせず、制限も受けず、私の命令どおりのことを行う。

ナポレオン・ヒル著「成功哲学」

 

僕の長所は、「没頭する力」です。

何か物事をなすときに、途中で投げ出したりせず、最後までやり通すことができます。

 

僕の短所は、おでこが広いことです。

僕とすれ違う人すべてが、「この人、おでこ広いなぁ」と思われているんじゃないかと、おどおどしています。

 

他にも短所はあります。

背が低いこと。

年収が低いこと。

結構たくさんありますね。

 

僕はいつも、「自分はおでこが広いから・・・」「自分はお金がないから・・・」というように、自分自身の短所を正当化しようとしています。

そして、そのときとる行動も、自信のない中途半端な行動をしてしまいます。

 

「おでこが広いので、いつもうつむき加減で歩く」

「お金がないので、欲しいものが買えない」

 

自分の欠点を意識するあまり、自分の行動に制限をかけてしまっているのです。

それでは人生、楽しくないですよね。

 

今、自分の長所と短所を考えてみると、短所のほうが圧倒的に多いです。

そして、短所のすべてをネガティブに捉えてしまっています。

ということは、日々の自分の行動は、常にネガティブになっているのではなかろうか。

 

周りから見ても、「この人の人生、つまらなさそう」と思われているかもしれません。

つまり、損をしています。

これでは、人生もったいない。

 

だれもが幸せな人生を求めています。

僕もそうです。

 

では、その幸せをつかめる思考になっているか?

今の僕では、到底なっているとはいえません。

 

じゃあ、どうするか。

そこで、ナポレオンヒルが言っている「自分の自我は自分がコントロールする」というのが大切になってくると思います。

 

ネガティブな思考に支配されてしまえば、行動に制限をつけてしまいます。

おでこが広いから、外に出歩かなくなる。

お金がないから、ものを買えなくなる。

そんな人生、送りたくありません。

 

「おでこが広くても、外を堂々と歩ける」

「お金がなくても、節約して貯金を増やす」

 

いろんな解決策はあるものです。

それなのに、「自分は・・・だから」と自ら足かせを付けているのは、本当にもったいない。

 

案外、自分がネガティブに思っていることは、たいしたことではない可能性があります。

そして、その解決方法も見つかる可能性は十分にある。

 

思考にも行動にも支配されない、制限を受けないためには、「自分をコントールしているのは、自分なんだ」という心構えを持つことが大切です。

 

「ネガティブな思考に支配されるな」

「ネガティブをコントロールして、自分の行動範囲を広げていこう」

 

そう思いながら、今日も自分の短所にうちひしがれながらも、何とか前向きになるように努力している次第。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

新・完訳 成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です