「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

富を得るためにまずはこれから始めてみよう

こんにちは、hiroです。

僕は生活を豊かにしたいと思っています。

そして、心の平安を求めています。

では、どのようにしたら、「富」を得ることができるのでしょうか?

 

相手の立場に立つ大切さ

新・完訳 成功哲学

 

「相手と立場が入れ替わったときに、自分がして欲しいと思うことを、相手に対して行うべきである。

ナポレオン・ヒル著「成功哲学」

 

まずは与えることから始めてみる。

そうすると、心が豊かになり、巡り巡って自分にとって良い出来事が起きていく。

「情けは人のためならず」ということわざもありますよね。

自分が欲しければ、まず相手に与えることが富を得る人生の原理原則です。

生活の富の基準を作ろう

もちろん、経済的に裕福になりたいというのは、普通の感情です。

ですが、ちょっと考えてみてください。

どのくらいのお金を手に入れれば、豊かといえるでしょうか?

まずは自分の基準を作ってみるといいかもしれません。

 

いくら多くのお金を持っていても、心が平安にならない場合もあります。

いつも不安で生活することもあるかもしれません。

なので、まずは自分の富の基準を考えてみましょう。

生活の富は心の富

経済的な富も、生活の富も、心の富と密接に関わっています。

したがって、心の富を育てていくことが、生活の富へのつながっていくはずです。

 

では、どのように心の富を育てていくか。

先ほどのナポレオンヒルの言葉を理解することが必要です。

 

  • 「取ることをやめて、与えてみよう」ということ。

 

これが欲しい、だから与えて欲しいというように、自分の利益ばかりを考えるだけではなく、相手が今欲しているものは何かを理解し、それが与えられるのであれば、与えてあげるようにしましょう。

 

相手に尽くすことによって、結局は自分に返ってきます。

それが人生の「黄金律」として、昔から言い伝えられてきました。

 

けして、相手に恩を売るということではありません。

「してやったぞ、ありがたいと思え」と思うのではなく、純粋に相手の立場に立つことが大切です。

 

ただし、相手の気持ちをくみ取り、相手の立場に立つことほど難しいことはありません。

もしかしたら、それができるようになれば、自分に富が巡ってくるのかもしれませんね。

 

何はともあれ、心の富を育てるためには、月並みですが思いやりが大切ということです。

そして、心の富が育てば、必然的に生活の富、経済の富がやってくるでしょう。

したがって、まずは相手に何かを与える立場に立つことが大切だと思う次第。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

新・完訳 成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です