「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

自分のハンデを生かさないと人生がお先真っ暗になってしまう

こんにちは、hiroです。

  • あなたには、コンプレックスがありますか?

僕はあります。

  • おでこが広いこと。
  • 身長が低いこと。
  • コミュ障なこと。

例えればキリがありません。

 

じゃあ、僕はそのコンプレックスと向き合っているか?

NOです。

向き合えていません。

 

どうしたら向き合えるか。

それを考える前に、大前提に考えなければならないことがあります。

 

自分のハンデが向いているベクトル

新・完訳 成功哲学

 

ハンディを負っていても、そのハンディを生かす道をとろうと決めれば、それは自分のためになる。

ナポレオン・ヒル著「成功哲学」

 

自分がどうすることもできないコンプレックスを、いつまでも考えてウジウジするほど、時間の無駄なものはありません。

この先の人生を暗くしないためには、受け入れる、もしくは開き直る必要があります。

 

僕の場合、おでこが広いことや、身長が低いことなどのように、身体的なコンプレックスはどうにもなりません。

ならば、それを克服するにはどうすればいいか。

 

まず大前提として、考えなければならないこと。

それが、「自分のコンプレックスを受け入れるぞ」という意志。

どうしてもメンタル的な話だと、自分の心に受け入れがたいこともあります。

しかし、それでは何も変わりません。

 

おでこが広ければ、おでこが広いのが似合う髪型にするのもあり。

おでこを隠す髪型にするのもよし。

 

身長が低ければ、厚底の靴を履くのもあり。

高身長の人のそばに近づかないのもよし。

 

考えれば、たくさんの克服というか解決策が見つかります。

でも、最初から対処方法を探すよりも、まずは、コンプレックスを生かすという思考にするほうが先決。

 

漠然と「嫌だから変えたい」と思うより、「こういう理由で変えたい、そうすれば今後の人生良い方向に向かいそう」と思ったほうが、イメージがわきやすいはず。

 

だからまずは、「この先の人生、より良いものにするために、自分のハンデをどう生かしていくか」を考えてみましょう。

1回失敗しただけで絶望的になるな

僕は、当時付き合っていた彼女に、耐えがたい仕打ちを受けました。

それこそ、死に直面するくらいの出来事です。

彼女と別れて、自分の人生には絶望感しかありませんでした。

「もうこれで終わりにしたい」「自分の人生は、つまらないものだった」そう思っていました。

けれど、それではいつまでたっても前に進むことができません。

 

僕はずっと、ネガティブな思考で毎日を過ごしていました。

そのため、せっかく転がってきたチャンスもつかもうとすらしませんでした。

今となっては、本当にもったいない時間を過ごしていたと思います。

 

今は失敗をしても、その後はポジティブにとらえられています。

もちろん、失敗すると落ち込みます。

大切なのは、落ち込んだ後。

  • そこで絶望にとらわれるか。
  • それとも、失敗を教訓とし、未来を歩むか。

2つに1つ。

あなたならどちらを選びたいですか?

きっと未来を歩みたいはず。

だったら、その失敗を次に生かすほかありません。

 

失敗を積み重ねるということは、教訓を積み重ねることでもあります。

つまり、失敗することこそが、より良い人生を歩むひとつの要素ではなかろうか。

 

エジソンなど、各分野で輝かしい功績を残した人たちも、たくさんの失敗を積み重ねています。

伝記を読めば、「この人、僕より悲惨な目に遭ってる・・・」と勇気(?)づけられます。

でも、最終的に偉人たちは大きな成功を収めることができています。

 

つまりそれは、失敗を繰り返しても、あきらめない心を持っていたからだと思います。

あきらめない心というと、ありきたりな表現ですが、「このままで終わってたまるか!」という挑戦状を自分に叩きつけているような感じ。

 

もし、自分の今の現状に対して、目を背けているのであれば、ナポレオンヒルの言うとおり、「ハンデを生かす道を選ぼう」と心に念じてみてはいかがですか?

僕もうつ病になったことや、人付き合いで嫌な思いをしたことも「この先の人生に生かす道を選択しよう」と心に決めていきます。

そして、必死に生かす道を模索し続けたいと思う次第。

 

この記事が、あなたの背中を押す手助けになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

新・完訳 成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です