「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

2019年買って良かったものベスト3【ドラマ編】

こんにちは、hiroです。

2019年も残りわずか。

今回は、アマゾンプライムビデオで観て良かったドラマのベスト3を発表します。

※アマゾンレビューは2019年12月時点

 

2019年観て良かったドラマ

第3位 ウォーキングデッド

第1話「目覚めの朝」

 

全米で大人気のドラマ、「ウォーキングデッド」。

2019年時点で、シーズン10が放送されています。

 

ウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこる荒廃した世界で、必死に生きていく主人公のリック達。

心身ともに限界の中で起こる様々な出来事に、人々がどのように生きていくのかという「人間模様」が生々しく描かれた物語です。

 

シーズンを重ねるたびに人間模様が色濃くなっていく一方、ウォーカーの脅威を感じにくくなっていますが、同じドラマを10シーズンも続けることのすごさに感服しました。

 

ウォーキングデッドを楽しむコツとして、倍速で見ると良いですよ。

物語が進むにつれ、展開が遅くなってきます。

そんなときに2倍速で見ると、ほど良いスピード感で物語を堪能することができます。

さらに、ゾンビとの戦闘も迫力が増します。

 

グーグルクロームのプラグイン「Video Speed Controller」をインストールすれば、2倍速、2.5倍速など、速度を調節することができます。

ストレスなくサクサク見たい場合に、重宝する便利なプラグインですよ。

 

第2位 メンタリスト

緋色のリボン

 

推理サスペンスの傑作、「メンタリスト」。

主人公で、CBIコンサルタントの「パトリック・ジェーン」は、巧みな心理術で犯人を言い当てていきます。

物腰柔らかな口調で、不敵な笑みを浮かべる姿は、まるで仮面をかぶった悪魔のよう。

実際、パトリックは、心に闇を抱えています。

 

1話完結で物語が進行しつつも、ドラマの大筋はシーズンを通じて続いていきます。

たとえるなら、名探偵コナンのような感じです(いろんな事件+黒の組織)。

メンタリストは、「いろんな事件+レッドジョン」という構図ですね。

これだけ夢中になれるサスペンスドラマは、なかなかないと思います。

 

パトリック演じる「サイモン・ベイカー」がカッコよすぎ。

 

こんな男になりたいもんだなぁと思います。

 

 

第1位 結婚できない男

一人が好きで悪いか!!

 

何回リピートしたことか。

それほど、何度見ても飽きず、面白おかしくみることができるコメディドラマです。

 

とにかく阿部寛さん演じる「偏屈男」がクセになります。

どこか愛着が持てるキャラですが、実際に関わるとなると、かなりめんどくさそうだなぁと思います。

 

2019年時点で、なんとアマゾンレビューが569件で星5!

驚異的な人気を誇っています。

まだ観たことなければ、絶対見たほうが良いですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です