「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

スペイン映画「ロスト・ボディ」は様々な伏線を回収した後の結末が秀逸なサスペンス。

こんにちは、hiroです。

アマゾンプライムビデオで観た、スペイン映画「ロスト・ボディ」の感想です。

 

ロスト・ボディ(吹替版)

 

ラストで「おぉ…」となりました。

※ネタバレ注意

 

ロスト・ボディの簡単なあらすじ

女性の遺体が、遺体安置所から消えた…。

いったいどこに行ってしまったのか。

 

遺体を盗んだ容疑者として挙がったのは、その遺体の旦那。

刑事は、その旦那を疑うが、「自分はやっていない」と言い張る。

 

一方、容疑者の旦那は女子大生と不倫していた。

しかし、その女子大生には秘密があり…。

 

消えた遺体から始まる、難攻不落な事件。

はたして、真相は!?

「ロスト・ボディ」は結末が衝撃

あらすじがざっくりし過ぎました(笑)

まぁ、それは置いといて。

 

この映画は、スペイン映画。

俳優の皆さんの演技力も素晴らしいものでした。

 

物語は、最初から最後まで謎がちりばめられるというサスペンス。

しかし、すべての伏線が回収された先にある衝撃の結末には、思わず唖然としました。

 

僕自身、最後まで全く予想することができませんでした。

サスペンスの醍醐味である、すべてが明らかになった瞬間を大いに堪能できました。

 

それにしても、「復讐」というのは、恐ろしすぎる。

「人間を悪魔にしてしまう」とはこのことかと感じた。

 

憎悪の念にかられ、それに執着する人間の怖さをまざまざと見せつけられました。

実際、復讐した本人は、「10年越しの復讐」だと言っていました。

それだけ長い間蓄積した相手への憎しみは、はかり知れません。

 

遺体が消えるという不気味な出来事から、緻密に練りつくされた復讐劇。

そして、結末で明らかになる悲しい事実。

魅力満載の映画「ロスト・ボディ」。

至高のミステリ&サスペンスを味わいたい方はぜひご覧ください。

 

ロスト・ボディ(吹替版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です