「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

ダイエット運動のタイミングは早朝がいい!そのメリットを3つシェア

  • ダイエットで運動するのは、早朝か夜か、どのタイミングがいいの?

今回は、この質問にお答えします。

 

この記事を読むと。

  • ダイエットの運動を早朝にしたときのメリットが、「3つ」わかります。

 

僕は、元トレーナーで、多くの人にダイエット指導をしてきました。

自身も3か月で15㎏(75㎏から60㎏)の減量に成功した経験があります。

早朝に運動するのは、とても気持ちがいいですよ。

 

ダイエットの運動するタイミングを早朝にするメリット

 

早朝にダイエットをする3つのメリット

  • 朝はエネルギーを消費しやすい時間帯
  • 運動習慣を身につけやすい
  • 一日の活動が活発になる

朝はエネルギーを消費しやすい時間帯

ダイエットは自律神経も関わっています。

朝は、交感神経が活発になるため、エネルギー代謝が効率よく行われます。

 

つまり、カロリー消費しやすい体内環境になるということ。

朝に運動して、少しでも多く脂肪を燃焼しましょう!

 

運動習慣を身につけやすい

朝は、すでにいろんな習慣ができています。

  • 朝起きる時間
  • 歯を磨く時間
  • トイレする時間
  • 朝食を食べる時間
  • 出勤・通学する時間

朝の支度は、おおよそ同じ時間にやりますよね。

リズムやルーティーンができている朝は、運動を習慣化しやすい環境です。

 

夜だと、帰宅時間がバラバラだったり、疲れて運動するモチベーションが下がります。

 

つまり、朝の支度の中に運動する時間を組み込めば、リズムよく取り組むことができるでしょう。

通勤・通学中に歩ければ一番いいかもしれませんね。

 

一日の活動が活発になる

僕の体験談です。

  • 早朝のウォーキングが終わって帰宅したら、部屋の掃除を始めてしまった。

僕は、朝に掃除をすることはありません。

それが朝に運動してから、無性に掃除したくなったのです。

 

なぜ、そうなったか。

  • 朝に運動したことで、体が活発になったから

つまり、体が目覚めたことにより、一日の活動量が増えたのです。

 

ポイントは、義務感がないこと。

  • 「掃除をしなきゃ…」ではなく、「掃除をしたい!」というやる気が出たのです。

このように、朝に運動すると、その後の活動が活発になります。

そして、体を動かす時間が多くなるので、カロリー消費も多くなります。

 

朝に運動して減らしたカロリーだけでなく、1日のカロリー消費を増やすことができる。

というわけですね。

早朝に運動するときに気をつけること

  • 空腹すぎると体に負担がかかる
  • 朝は脱水している
  • 激しい運動はダメ

空腹すぎると体に負担がかかる

お腹がすきすぎていると、体に負担がかかります。

そのため、体に不具合が出る可能性があります。

 

運動する前に少量の糖分(バナナがおすすめ)をとるとよいでしょう。

軽食であれば、太ることはありません。

むしろ代謝が活発になります。

運動前は、しっかりエネルギーを体に補給してあげましょう。

 

朝は脱水している

朝起きた直後、口が渇きませんか?

寝ている間も、水分は失われています。

朝に運動して、脱水症状にならないために、水分補給をしてから取り組むようにしましょう。

 

激しい運動はダメ

体に大きな負担をかけるということは、カロリー消費が大きくなるというよりも、体を痛めつけていると考えてください。

特に朝は、体が完全に目覚めていません。

 

最初は「物足りない」と思うくらいの運動強度にしましょう。

慣れてきたら、少しずつ強度を上げていくと良いでしょう。

朝に運動する前に感じた不安

 

僕が、朝に運動を始めようと考えたとき、感じた不安があります。

  • 「日中、疲れてダルくなるんじゃないか…」

日中の仕事に支障が出ることを、恐れていました。

けれど実際、運動を始めてみたら、心配はいりませんでした。

むしろ、体が活発になり、仕事もはかどったのです。

 

よく眠れるようにもなりました。

  • つまり、朝に運動したことにより、より活動的になり、睡眠の質も良くなったのです。

早朝に運動することは、メリットが多い!

僕は、そのように感じました。

朝のダイエット運動に便利なアイテム

[アシックス] ランニングシューズ LADY GEL-KAYANO 24 レディース スモーキーブルー/ダークブルー 24.0 cm ワイド

シューズは、一番大事です。

アシックスは、陸上競技で有名なメーカー。

なので、歩く、走ることに精通しているので、ジョギング、ウォーキングも安全にできると思います。

 

[アディダス] トレーニングウェア adidas Z.N.E. パーカー ウィンター EUD69 [レディース] ZNEヘザーブラック (CZ2824) 日本 J/S (日本サイズS相当)

 

運動するときに、上着があると安心です。

「ちょっと冷えるなぁ」というとき、急に雨が降り出したときなどに便利です。

 

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 桜 FB-731-PK

 

歩いたり、走ったりしても、どのくらい運動したかという目安がわからなければ、モチベーションが上がりません。

シンプルな万歩計は、どれくらい歩いたかを簡単に知ることができます。

体重もそうですが、数字の力は絶大です。

ダイエットの成果をみるために使いましょう。

 

ランニングポーチ ウエストバッグ PORTHOLIC ランニング ベルト スポーツ用 ランナーウエストポーチ超軽量 通気性 防水 超大収納 調節可能 夜間対応 6.2インチまでスマホに対応 登山 サイクリング ウォーキング ジョギングポーチ

 

運動するときに困るのが、家の鍵や財布、スマホ。

これらをポケットに入れると、運動しにくいです。

ランニングポーチを使えば、手ぶら感覚で運動することができます。

運動は、小さなストレスがやる気をそいでしまいます。

価格も安いので、持ち物に関するストレスを解消しましょう。

 

この記事があなたのダイエットの背中を押せれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめ!

【秘訣】2時間ウォーキングダイエットの効果と痩せた歩き方&やり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です