「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

「ウォーキングデッド(シーズン2)」はリックとシェーンが迎える結末がすごく悲しかった

こんにちは、hiroです。

今回は、アマゾンプライムビデオで観た、「ウォーキングデッド(シーズン2)」を観た感想を書きます。

リックとシェーンの望まない結末が、悲しくさせられました。

※ネタバレあり

 

ウォーキングデッドシーズン1からシーズン2へ

シーズン1で、家族との再会を果たしたリック。

野営キャンプを出て、新たな救いの地を探すリック達だが、そこにウォーカーの大群が押し寄せる。

必至に生き残ろうとする仲間たちだが、ウォーカーの数の脅威はすさまじいものだった。

 

シーズン2では、リック達に襲い掛かる悲劇の結末が見物。

新たな出会い、そして別れ。

希望と悲劇を繰り返しながら、リック達のはてなき放浪は続く。

リックvsシェーン

ネタバレになりますが、最後にリックとシェーンの間で、悲劇の結末を迎えます。

家族と再会したリックでしたが、その妻のローリとシェーンがデキていたと。

ローリは妊娠し、どちらの子どもなのか不確定だということです。

 

荒廃する以前の世界では、保安官として、お互いを支えあっていた二人。

シェーンは銃で打たれたリックを必死に助けようとし、入院後も見舞いに欠かさず来るほど。

そんなシェーンとリックが争うことになるなんて…。

最後の結末は、悲しすぎました。

新天地での出会い

リックの子どものカールが猟銃で撃たれてしまい、何とか助けようと飛び込んだのが、農場。

そこで獣医師のハーシェルと出会い、カールは何とか一命をとりとめました。

 

しかし、もう一人旅を共にしていた子ども…ソフィアが行方不明になっています。

そして、無残な姿でソフィアが発見されたときの全員の虚無感が、見ている僕にもひしひしと伝わってきました。

リックの崩壊

相棒のシェーンとの仲たがい。

カールが撃たれる。

必死の捜索が報われなかったソフィアの死。

悲しい現実を目の当たりにし続けたリックは、ついに精神が限界を迎えてしまいます。

 

シーズン2のラストでは、リックに対して仲間がおびえる姿が印象的でした。

リーダー格のリックが不安定で、グループの今後の身を案じてしまうラストでした。

いざ、シーズン3へ

ゾンビがはびこるサバイバルだけでなく、人間性が問われるドラマ。

見るたびに、考えさせられます。

さて、次はシーズン3。

どんな物語が待ち受けているのでしょうか。

 

あなたがもし、ウォーキングデッドをまだ観ていないのであれば、一度は観ることを強烈におすすめします。

賛否両論のあるドラマですが、賛否両論が起こるほど、人気ドラマといえると思います。

アマゾンプライムビデオで観ることもできますし、DVDボックスもあります。

ぜひ、ご覧ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ウォーキングデッド(シーズン2)の詳細はこちら!

 

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です