「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

僕はプライオメトリクスのおかげで100m走の自己ベストを更新した。

こんにちは、hiroです。

 

スポーツ、特に瞬発的な力を必要とする選手たちは、「パワーをつけたい」と思っています。

では、パワーをつけるためにはどうしたら良いか。

学生時代に習った、「パワーを高める基本的な考え方」をシェアします。

 

筋力を高めよう

(写真:筋トレが大事)

 

単刀直入に言うと。

パワーを高めるには、筋力をつけることが一番手っ取り早いです。

パワーには、以下の公式が当てはまります。

 

パワーの公式
パワー=筋力×スピード

 

筋力とは、自分がギュッと力を入れて出せる最大の力のことです。

スピードとは、文字通り、速さのこと。

 

つまり、パワーとは、「短い時間で大きな力を出す能力」と定義できます。

いわゆる「瞬発力」というものですね。

スピード能力は天性が関わる

(写真:スピードを高めるのは難しい)

 

スピードは天性が関わってきます。

スピードを鍛えることは、かなり難しい。

鍛えられないこともありませんが、パワーを高めるという点では非効率的です。

 

筋力は、トレーニングによって大きな向上が望めます。

つまり、スピードを高めなくても、筋力を高めることで、パワーは向上していくのです。

プライオメトリクス

僕は学生時代、陸上短距離選手でした。

短距離走はパワーを必要とします。

 

僕がパワーを高めるうえで、効果的と感じたトレーニング方法。

それは、プライオメトリクス。

 

このプライオメトリックトレーニングで、大きくパワーが向上したと実感できました。

参考にしたのは、下記の本。

 

爆発的パワー養成 プライオメトリクス

 

この本には、実際のトレーニング方法が載っています。

僕はこの本のトレーニング方法を行ったら、飛躍的にパワーが向上しました。

筋力トレーニングとプライオメトリクスを組み合わせることで、パワーを効率的に高めることに成功したのです。

結果、短距離走で自己ベストを更新することができました。

 

パワーが必要とされる競技の選手には、プライオメトリクスはかなりおすすめです。

もちろん、運動強度が高いので、ケガには十分注意は必要です。

 

ケガをしないように、正しいやり方とフォームで思いっきりパワーを高めていきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です